ネクスガードスペクトラで死亡するのは、副作用が原因?死亡事例から考察、値段比較、安全な購入方法も

※本ページはプロモーションが含まれています

ペットの健康管理において、フィラリア予防は不可欠な取り組みです。

しかし、この予防に使用されるネクスガードスペクトラに関連する死亡事例が報告されていることが、ペットオーナーの間で懸念を呼んでいます。

この記事では、「ネクスガードスペクトラ 死亡」という深刻な問題に焦点を当て、死亡事例とそれらの因果関係を詳しく探ります。

安全なフィラリア予防対策についての考察と共に、ネクスガードスペクトラの動物病院と通販サイトの価格比較や、安全に安く購入する方法についても解説しています。

ペットの安全と健康を守るためには、正しい情報と理解が不可欠です。この記事が、ネクスガードスペクトラの安全な使用に向けた一助となれば幸いです。

記事のポイント

  • ネクスガードスペクトラで死亡するのは、副作用が原因?
  • 際の死亡事例:因果関係はあるのか?
  • 動物病院と通販サイトの価格比較
  • ネクスガードスペクトラの有効成分、安全性など
目次

ネクスガードスペクトラで死亡するのは、副作用が原因?

ペットの健康を守るために使われるネクスガードスペクトラですが、その使用には慎重さが求められます。

特に、犬の死亡を引き起こす可能性のある副作用には注意が必要です。

この副作用は、ネクスガードスペクトラの投与によって引き起こされることがありますが、死亡までつながるのは比較的稀な現象です。

主な副作用としては、ミクロフィラリア反応(ショック反応)、アナフィラキシーショック(急性アレルギー反応)が挙げられます。

副作用の種類と投薬しないほうがいい犬

  • ミクロフィラリア反応(ショック反応)
  • アナフィラキシーショック(急性アレルギー)
  • その他の副作用
  • コリー系の品種など

ミクロフィラリア反応(ショック反応)

ミクロフィラリア反応は、犬がフィラリア症に感染している場合に、ネクスガードスペクトラの投与によって引き起こされる可能性のある深刻な健康問題です。

この反応は、フィラリアの幼虫が薬剤の効果で急激に死滅することによって生じます。

幼虫の死によって放出される物質が犬の体内で過敏反応を引き起こし、これがショック状態へと進展するのです。

犬がミクロフィラリア反応を示すと、急激な体調の変化が見られます。これには、呼吸困難、過度の落ち着きのなさ、震え、急激な体温の変化などが含まれることがあります。

これらの症状は、犬の体がフィラリア幼虫の死によって放出される毒素に反応している証拠です。

アナフィラキシーショック(急性アレルギー)

アナフィラキシーショックは、ネクスガードスペクトラに含まれる成分に対する犬の急性アレルギー反応の一つで、非常に深刻な状態を引き起こす可能性があります。

この現象は、薬剤に対する過敏反応が極端に強い場合に起こり、犬の命を脅かすほどの症状を引き起こすことがあります。

アナフィラキシーショックの典型的な症状には、急激な呼吸困難、蕁麻疹、顔や舌の腫れ、過度の唾液分泌、嘔吐や下痢などがあります。

これらの症状は突然に現れることが多く、非常に急速に進行します。特に、腫れや呼吸困難が発生した場合は、犬の呼吸器系が閉塞し、酸素が不足するため、迅速な対応が必要です。

その他の副作用

ネクスガードスペクトラの使用に伴い、一部の犬で軽度ながらも気になる副作用が報告されています。これらの副作用には、食欲不振、嘔吐、下痢、皮膚のかゆみなどが含まれます。

これらは一般的には重篤なものではありませんが、ペットの快適性と健康に影響を与える可能性があるため、飼い主の注意が必要です。

特に、食欲不振や嘔吐、下痢は、犬の消化器系が薬剤に反応している可能性を示しています。

これらの症状が見られた場合、通常は薬の使用を中止し、適切な治療を行うことで改善が見込まれます。

また、皮膚のかゆみは、アレルギー反応や皮膚の敏感性の増加によるものであり、これもまた適切なケアによって緩和されることが多いです。

コリー系の品種など投薬しないほうがいい犬

ネクスガードスペクトラの使用には、特に注意を要する犬種や状況があります。

コリー犬やその系統の犬種、老犬、妊娠中の犬、健康上の問題を抱える犬、そしてフィラリア症の陽性反応を示す犬は、この薬剤の使用に際して特に慎重であるべきです。

これらの犬にネクスガードスペクトラを投与すると、副作用のリスクが高まり、最悪の場合、死亡に至るケースも報告されています。

ネクスガードスペクトラの公式文書にも、コリー犬及びその系統の犬種への安全域が狭いことが報告されています。

これは、遺伝的な要因によりこれらの犬種が特定の薬物を代謝する能力が低いためであり、その結果、薬剤が通常よりも強い影響を及ぼす可能性があります。

そのため、コリー系の犬にこの薬を使用する際は、獣医師の指示に従い、慎重な投与が求められます。

実際の死亡事例:因果関係はあるのか?

ネクスガードスペクトラに関連した死亡事例の調査を行うと、これらの事例の多くで、ネクスガードスペクトラが直接的な死亡原因であるとは断定できないことが分かります。

2016年から2023年にかけての事例を詳細に分析すると、死亡に至った犬の多くが投薬時にすでに何らかの健康問題を抱えていたり、他の薬剤との併用によって状態が急変したりしていることが確認されます。

これらの事例では、ネクスガードスペクトラの使用が死亡に直接的に関連していると断定するのは難しいです。

多くのケースでは、既存の健康問題や他の薬剤との相互作用が重なり合って、悲しい結果につながっている可能性が高いと考えられます。

このため、専門家の間でも、ネクスガードスペクトラと死亡事例との間の明確な因果関係を特定することは現在も困難です。

ネクスガードスペクトラ11.3

死亡時期犬種既往歴・健康状態死因
2021/04/25トイ・プードル×マルチーズ(メス )譲り受けた犬
既往歴、投薬歴は不明
投薬と死亡の関連性は不明
2019/09/10雑種(メス )2019年5月~7月モキシデックを投与投薬と死亡の関連性は不明
2016/06/15トイプードル(メス)脊髄軟化症(椎間板ヘルニアが主な原因)投薬が死因とは考えにくい
2016/05/20ポメラニアン(オス )僧房弁閉鎖不全症(ACE阻害剤を使用)投薬と死亡の関連性は低い

事例参照元:動物用医薬品等データベース11.3

ネクスガードスペクトラ22.5

死亡時期犬種既往歴・健康状態死因
2023/03/23シェットランド・シープドッグ(メス)コリー犬及びその系統の犬種関連がある可能性
コリー犬への安全域が狭い
2021/09/28チワワ(メス)健康
14歳、心疾患及びクッシング症候群
投薬後、体調急変
関連がある可能性
2019/06/26ペキニーズ(メス)健康状態は不明嘔吐の際の胃液や粘液等が咽頭に溜まり窒息死?
2018/11/24マルチーズ(メス)健康死亡までの経緯は不明
2016/05/17ミニチュア・ダックスフント(オス)診察しておらず既往症も不明投薬と死亡の関連性は不明

事例参照元:動物用医薬品等データベース22.5

ネクスガードスペクトラ45

死亡時期犬種既往歴・健康状態死因
2020/07/13雑種(オス)フィラリア陽性ミクロフィラリア殺虫によるショック症状の可能性?
2019/05/21ポメラニアン(オス)下痢やふるえ症状で来院経験はあり投薬と死亡の関連性は不明

事例参照元:動物用医薬品等データベース45

ネクスガードスペクトラ90

死亡時期犬種既往歴・健康状態死因
2016/09/02雑種(メス)2016年4月~毎月ネクスガードスペクトラを投薬しており、その際は問題なし投薬と死亡の関連性は低い

事例参照元:動物用医薬品等データベース90

ネクスガードスペクトラの使用による死亡事故を防ぐには?

ネクスガードスペクトラによる死亡事故を防ぐためには、最初の投薬を行う前に動物病院でフィラリアの検査を受け、獣医師の診察・診断を行ってもらってから処方してもらいましょう。

特に、フィラリアに感染している可能性がある場合、そのままフィラリア予防薬を投与すると重篤な副作用を引き起こすリスクがあるため、慎重な検査が欠かせません。

定期的な検査はフィラリアの予防だけでなく、その他の健康問題の早期発見にも役立ちます。

予防薬の投与前にフィラリア感染の有無を確認することで、薬剤による健康リスクを最小限に抑えることができます。

フィラリアが血管内に大量に存在する状態で予防薬を投与すると、幼虫が大量死し、その結果としてショック状態やその他の深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

特にコリー系の品種や、投薬に注意が必要な他の犬種に対しては、さらなる配慮が求められます。

また、2回目以降の投薬に関しては、通販を利用することが一般的ですが、年に1度は必ず検査を受けておきましょう。

フィラリアの検査方法

フィラリアの検査には主に2種類の方法があります:ミクロフィラリア検査と抗原検査です。

ミクロフィラリア検査では、犬の血液から微小なフィラリアの幼虫を顕微鏡で確認します。一方、抗原検査はフィラリアの成虫、特に雌から分泌される特定の物質(抗原)を検出する方法です。

抗原検査では、体内に雄のフィラリアのみ存在する場合や、感染が幼虫の段階である場合には陰性となることがあります。

このため、フィラリア予防薬の初回投与時には、検査結果が陰性であっても注意が必要です。

獣医師は飼い主に対し、予防薬の投与は犬が一日中観察できる日に行い、病院が午後も開院している日の朝に行うことを推奨しています。

これは、予防薬によって何らかのショック症状が発生した場合に、迅速に対応できるようにするための安全策です。

動物病院は高い?2回目以降は通販がおすすめ

動物病院で2回目以降のネクスガードスペクトラ購入費用が高くなる理由は、再診料や検査料といった追加の医療費が発生するからです。

これらの追加の予防費が、毎回ネクスガードスペクトラの価格に上乗せされるため、全体的なコストが高くなりがちです。

ネクスガードスペクトラの動物病院価格の目安は以下のようになります。

下記の価格に、毎回診察費用をプラスするので、長い目で見るとコストが高くなってしまいます。

ですので、2回目以降のネクスガードスペクトラの購入は、通販を利用するほうが、コスト面では安く済みます。

犬の体重ネクスガードスペクトラの平均価格(動物病院)
2~3.5kg2300~2400円前後
3.5~7.5kg2400~2800円前後
7.5~15kg2800~3400円前後
15~30kg3200~3900円前後

個人輸入の通販購入だと安く買える:動物病院との値段比較

動物病院での購入と個人輸入代行サイトを利用した購入では、コスト面に大きな違いがあります。

動物病院で処方される場合、初診料、検査料、そして予防薬のコストが加算され、1錠あたりの価格が高くなりがちです。

一方、個人輸入代行サイトを利用することで、コスト削減が可能です。

うさパラなどの信頼できるサイトを利用すると、1錠あたりの価格が著しく低くなり、特に複数の錠剤をまとめ買いする場合、さらに割引が適用されることがあります。

この場合、1錠あたりの価格は動物病院のおよそ半額近い価格になることが多く、動物病院で購入するよりもコストを大幅に削減できます。

以下は、動物病院と個人輸入代行サイトでの価格比較表です。

犬の体重(動物病院の平均価格)個人輸入サイト
適応体重:1.8〜3.6kg2300~2400円前後+初診料、検査料1600円~1900円前後
適応体重:3.6〜7.5kg2400~2800円前後+初診料、検査料1700円~2000円前後
適応体重:7.5〜15kg2800~3400円前後+初診料、検査料1800円~2200円前後
適応体重: 15〜30kg3200~3900円前後+初診料、検査料1900円~2400円前後

例えば、1.8〜3.6kg用のネクスガードスペクトラを2年分(24錠)購入した場合、

動物病院だと、2300円~2400円×24 = 55,200円~57,600円+(初診料、検査料×24

個人輸入サイトだと、1600円~1900円×24 = 38,400円~45,600円

どこのサイトで購入するかにもよりますが薬代だけでも年間1万円~2万円ほど違いがあります。

動物病院では、さらに初診料、検査料が追加されますから、長い目で見るとコスト差は歴然です。

この比較から、動物病院での購入は信頼性と専門的アドバイスの面でメリットがありますが、お金の面を考えると、個人輸入サイトも十分な選択肢となってきますね。

ペットの飼い主は、愛犬の健康状態や自身の予算に応じて最適な選択をすることが重要です。

個人輸入で購入可能:メリットと注意点

ネクスガードスペクトラを手に入れる方法として、個人輸入は大変魅力的な選択肢です。

通販で購入するメリットは、動物病院で購入する場合に比べ、、明らかに安価でネクスガードスペクトラを手に入れることが可能です。

たとえば、ペットくすりのような信頼性の高い個人輸入代行サイトを利用した場合、通常、動物病院での購入価格の約半分以下で購入できることが多いです。

これにより、飼い主は予算を大幅に節約しながら、愛犬の健康を守ることができるのです。

しかし、個人輸入にはいくつかの注意点もあります。最も重要なのは、偽物のリスクです。

正規品でない偽物が届く可能性があるため、代行サイト選びには特に慎重になる必要があります。信頼できるサイトであれば、正規品の保証や追跡可能な配送サービスを提供していることがほとんどです。

また、海外からの発送に伴う時間の問題も考慮する必要があります。通常、注文から商品が手元に届くまでには1週間から2週間程度かかることが一般的です。

このため、予防薬が必要になる時期を事前に把握し、余裕を持って注文することが求められます。

個人輸入によるネクスガードスペクトラ購入は、コスト削減と利便性の両方を提供しますが、偽物のリスクと配送時間に注意を払う必要があるという点を念頭に置くことが重要です。

コスト削減と利便性の両方を提供しますが、偽物のリスクと配送時間に注意を払う必要があるという点を念頭に置くことが重要です。

うさパラ:信頼できる個人輸入代行サイト

個人輸入でネクスガードスペクトラ購入する場合、どのサイトで購入するのか?が一番重要になってきます。

この点で、うさパラはペット用医薬品を安価に提供する信頼できる個人輸入代行サービスとして知られています。

2011年から12年以上運営されており、この長い運営歴が、うさパラが信頼できる企業であることをしっかりと証明しています。

うさパラの大きな魅力の一つは、その経済性です。動物病院で処方される薬と比較して、かなりリーズナブルな価格で質の高い薬を手に入れることができます。

また、うさパラは長年にわたりサービスを提供しており、その間、多くのペットの飼い主から信頼を得ています。

偽物が届くような詐欺サイトでは長期間の運営は難しく、うさパラが長く続いていること自体が、その信頼性を物語っています。利用者の口コミやレビューも、サービスの品質を裏付ける重要な要素となっています。

さらに、うさパラは利用者にとって非常に使いやすいサイト構成をしており、必要な薬を簡単に見つけることができます。

もし何か問題が発生した場合には、迅速なカスタマーサポートが提供されている点も大きなメリットです。

これらの点から、うさパラはペットの薬を個人輸入する際の信頼できる選択肢と言えるでしょう。

ネクスガードスペクトラにジェネリックはあるのか?

ネクスガードスペクトラに関連するジェネリック医薬品の存在について、疑問を持つ飼い主の方々が多いことでしょう。

ジェネリック医薬品とは、既存のブランド医薬品の特許期間が満了した後に製造される後発医薬品のことです。

これらはオリジナルのブランド医薬品と同じ成分、品質、安全性、効果を持ちながら、開発コストの削減により低価格で提供される特徴を有します。

しかし、ネクスガードスペクトラに関しては、現時点でジェネリック医薬品は存在しません。

その理由は、ネクスガードスペクトラが2015年12月に市場に導入された比較的新しい薬であり、まだその特許期間内にあるためです。

結果として、ネクスガードスペクトラと同じ成分を持つジェネリック医薬品は現在製造されておらず、市場には出回っていません。

ネクスガードスペクトラのジェネリック医薬品の需要は高いものの、特許期間が終了するまではその登場は期待できません。

そのため、現時点ではオリジナルのネクスガードスペクトラを購入するか、もう少し安い代替品を購入するかの2択になってきます。

ネクスガードスペクトラの代替品とその選び方

ネクスガードスペクトラはペットの健康管理において高い人気を誇りますが、効果とコストを考慮した代替品も存在し、これらは飼い主にとって有益な選択肢を提供しています。

ネクスガードスペクトラの類似製品としては、フィプロフォートプラス、ストロングハートプラス・チュアブル、キウォフハートなどが挙げられます。

これらの製品は、ネクスガードスペクトラと同じように、ノミ、マダニ、さらにフィラリア予防の効果を持ち、ペットの健康を確実にサポートします。

選択の際の主な考慮点は価格と成分の両方です。

フィプロフォートプラスやストロングハートプラス・チュアブルは、ネクスガードスペクトラに比べてコストパフォーマンスが高く、予算が限られた飼い主にとって有利な選択肢となります。これらの製品は費用を抑えつつ、必要な予防効果を提供します。

一方で、キウォフハートは成分に特色があり、特定の寄生虫に対する効果が特に顕著です。

代替品を選ぶ際は、愛犬の健康状態や特有のニーズに合わせて適切な製品を選ぶことが肝心です。

愛犬が何かアレルギーや特定の健康問題を有している場合は、成分を確認し、獣医師の助言を得ながら最善の製品を選択することが推奨されます。

これらの代替品は獣医師の処方箋なしにオンラインで容易に入手できるため、時間に制約がある飼い主にとっても便利です。

ネクスガードスペクトラの代替品を選ぶことにより、ペットの健康を維持しながら家計にやさしい選択をすることができます。

ネクスガードスペクトラの代替品ならぺっとくすりがおすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: pettokusuri-1024x359.jpg

ネクスガードスペクトラの代替品を探している飼い主にとって「ぺっとくすり」は安心できる個人輸入サイトです。

ぺっとくすりは、さまざまなペット用医薬品を扱う信頼できるオンラインストアであり、ネクスガードスペクトラの代替品として、フィプロフォートプラス、ストロングハートプラス・チュアブル、キウォフハートなどの幅広い製品ラインナップを取り揃えています。

ぺっとくすりを利用するメリットの一つは、価格面にあります。

多くの場合、これらの代替品はネクスガードスペクトラよりもコストパフォーマンスが高いため、予算に応じた最適な製品を選択することが可能です。

また、オンラインでの購入は簡単であり、直接自宅に配送されるため、飼い主の利便性も向上します。

ぺっとくすりは、飼い主が愛犬に最適なケアを提供できるよう、幅広い選択肢と詳細な製品情報を提供することで、このプロセスをサポートしています。

コスト面を重視するのであれば、ネクスガードスペクトラの代替品が安く買えるぺっとくすりは選択肢の一つになると思います。

フィプロフォートプラス 728 × 90

ネクスガードスペクトラについて

  • ネクスガードスペクトラの有効成分
  • ネクスガードスペクトラの安全性
  • フィラリア症予防:なぜ重要なのか
  • 年間通しての投薬がおすすめの理由

ネクスガードスペクトラの有効成分

ネクスガードスペクトラは、愛犬のノミ、マダニ、フィラリア予防に広く使用される薬です。

この薬の主要な有効成分は、アフォキソラネルとミルベマイシンオキシムです。アフォキソラネルは特にノミとマダニの駆除に効果を発揮し、その作用は投与後すぐに始まります。ノミに対しては投与後約30分から効果が見られ、マダニに対しては24時間以内に駆除することが可能です。

一方、ミルベマイシンオキシムはフィラリア予防に加え、回虫、鉤虫、鞭虫などの内部寄生虫にも効果を示します。

これらの成分のおかげで、ネクスガードスペクトラは寄生虫の駆除に非常に効果的ですが、副作用の可能性もゼロではありません。

一部の犬では、下痢や食欲減退、無気力状態といった副作用が報告されています。

これらの副作用は一般的には軽度であり、一過性のものが多いですが、もし症状が持続する場合は、速やかに獣医師の診断を受けることが重要です。

ネクスガードスペクトラの使用を検討している飼い主は、愛犬の健康状態とこれらの副作用のリスクを照らし合わせて判断することが大切です。

また、何らかの症状が見られた場合は、すぐに獣医師の助言を求めることが望ましいでしょう。

ネクスガードスペクトラは多くの犬にとって安全な選択肢でありますが、個々の犬の健康状態や特性によっては、別の治療法が適切な場合もあります。

主要成分:アフォキソラネルの毒性と安全性

ネクスガードスペクトラは、愛犬の健康を守るための効果的な予防薬ですが、その安全性について飼い主の間でしばしば疑問が持たれます。

この予防薬の主要成分であるアフォキソラネルは、ノミやマダニに対する強力な殺滅作用を持ちながら、犬に対する毒性は非常に低いことが知られています。

この低毒性により、アフォキソラネルは犬の健康を守る上で、非常に安全な選択肢として位置づけられています。

アフォキソラネルの作用機序は、寄生虫の神経系に影響を与えることによって、その活動を効果的に阻害します。

この成分はノミやマダニの成虫だけでなく、その幼虫にも効果があり、これにより寄生虫のライフサイクルを効果的に断ち切ることができます。

また、フィラリア予防にも効果を発揮し、愛犬の健康を多方面から守ります。

獣医学的研究によると、アフォキソラネルは犬に対して高い安全性を持ち、適切な用量で使用する限り、重篤な健康リスクをもたらすことは少ないとされています。

ただし、犬の個体差や既存の健康状態によっては、まれに副作用が生じる可能性があるため、ネクスガードスペクトラを使用する際は、獣医師の指示に従うことが重要です。

また、アフォキソラネルに敏感な犬種や、既にある健康問題を持つ犬には、他の予防薬の選択が推奨される場合もあります。

ネクスガードスペクトラを選ぶ際は、愛犬の種類、体重、健康状態を考慮に入れ、適切な用量を選択することが不可欠です。

このようにして、アフォキソラネルを含むネクスガードスペクトラは、愛犬の健康を守るための安全で効果的な選択肢として信頼されています。

キウォフハート 728 × 90

フィラリア症予防:なぜ重要なのか

フィラリア症は愛犬の健康にとって深刻な脅威です。この病気は、蚊によって伝えられるフィラリアの幼虫が心臓の弁に絡まり、血管を詰まらせることで起こります。

この状態が進行すると、心不全や最悪の場合、死亡に至るリスクがあります。特に蚊の活動が盛んな地域や季節においては、フィラリア症の予防が愛犬の健康を守る上で非常に重要になります。

ネクスガードスペクトラは年間通しての投薬がおすすめ

ネクスガードスペクトラは、愛犬の健康を保護するために、年間を通じて定期的に投与することが推奨されています。これは、地球温暖化の影響により、従来よりも蚊の活動期間が長くなっている現実に基づいています。

かつては、蚊が主に夏の間に活動すると考えられていましたが、近年では冬季でも蚊が活動し続けるケースが増加しています。

この変化は、愛犬の健康に対するリスクを高めており、特にフィラリア症などの蚊媒介疾患に対する予防の重要性を高めています。

加えて、熱帯地域からの船便コンテナや飛行機で運ばれる荷物を通じて、蚊が国際的に移動することもあります。

これにより、従来は蚊の発生が少なかった地域でも、冬季に蚊に刺される可能性が存在するようになっています。

これらの理由から、ネクスガードスペクトラの年間を通じた投薬は、愛犬のノミ、マダニ、フィラリア予防において非常に重要です。

特にフィラリア予防においては、蚊が活動している限り、愛犬をフィラリア症から守るために定期的な予防が必要です。

愛犬の健康を守るためには、これらの季節的な変動を考慮し、獣医師の指導のもとで年間を通じてネクスガードスペクトラを投与することが、最も効果的な対策と言えるでしょう。

愛犬の健康を守るために、飼い主はこれらの新たなリスクに対応するための対策を講じることが求められます。

ネクスガードスペクトラで死亡するのは、副作用が原因?死亡事例から考えるまとめ

  • ネクスガードスペクトラは、犬のフィラリア症および外部寄生虫の予防に使用される​​。
  • ネクスガードスペクトラの副作用として、アレルギー反応や消化器系の問題が発生することがある​​。
  • 副作用の重篤性は個体差があり、特にコリー系の犬種で注意が必要​​。
  • ネクスガードスペクトラとフィラリア感染の関連性については、専門家の間でも議論が続いている​​。
  • フィラリアの検査方法は、ミクロフィラリア検査と抗原検査の2種類がある​​。
  • 動物病院でのネクスガードスペクトラの購入は、通販に比べ高額になることがある​​。
  • 個人輸入を利用することで、低コストでネクスガードスペクトラを購入できる。
  • ネクスガードスペクトラのジェネリック医薬品は現在存在しない​​。
  • ネクスガードスペクトラは2015年に市場に導入された比較的新しい薬​​。
  • ジェネリック医薬品は、ネクスガードスペクトラに関してはまだ製造されていない​​。
  • ネクスガードスペクトラの代替品として他の製品を選択することも可能​​。
  • フィラリア予防薬の初回投与時には、検査結果が陰性でも注意が必要​​。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次