陽茉莉の名前はなぜ人気がある?名前ランキングの順位や【意味、由来】を調べてみた

※本ページはプロモーションが含まれています

近年、名前「陽茉莉」は多くの親たちから選ばれる人気の名前として注目を集めています。

その響きは「ひだまり」や「ひまわり」を思わせ、暖かさや明るさを感じさせるものとして受け入れられています。

この名前には、親たちの深い願いや期待が込められており、子供が「陽だまりのように温かい心を持ち、ジャスミンの花言葉のように愛らしく成長する」ことを願っています。

本記事では、この「陽茉莉」という名前がなぜこれほどまでに人気があるのか、名前ランキングの順位やその意味、由来を詳しく探っていきます。

記事のポイント

  • 「陽茉莉」の名前が持つ意味やイメージ、特に「陽」や「茉莉」の漢字が持つ背景や魅力
  • 近年の「陽茉莉」の名前の人気や名前ランキングの順位
  • 「陽茉莉」の名前に込められた親の願いや期待
  • 「陽茉莉」と似た名前や読みの名前とその魅力
目次

陽茉莉の名前の魅力をひも解く

近年、高い人気を誇る名前「ひまり」。どこか古風な雰囲気がある上に、今風で新鮮味のある響きをした名前です。

そんな「ひまり」を表す漢字の組み合わせや表記は多様であり、同じ読み方でも、当てる字によって、和風になったり、オシャレでアクティブな雰囲気にもなります。

もちろん、「ひまり」と読む名前の一つ、「陽茉莉」という名前にもたくさんの魅力が詰まっています。

「陽茉莉」の読み方はひまり:名前ランキングで人気が高い

陽茉莉は「ひまり」と読み、「陽茉莉」という名前は、近年の名前ランキングで非常に高い人気を誇っています。

特に、生命保険会社「明治安田生命保険」やベネッセ運営の情報メディア「たまひよ」、そして「株式会社赤ちゃん本舗」などのメディアが行った調査において、この名前はここ数年連続で上位に位置しています。

たとえば、「たまひよ」の調査による「2020年 女の子赤ちゃんの名前ランキング」では、陽茉莉と同じ「ひまり」の読みの「陽葵」が5年連続で1位を獲得しています。

さらに、明治安田生命保険が公表した「2020年に生まれた赤ちゃんの名前ランキング」でも、「陽葵」がトップに輝いています。

また、ひらがな表記の「ひまり」も54位にランクインしており、明治安田生命保険の「名前ランキング 読み方ベスト50」では「ひまり」の読みが12位に選ばれています。

2019年版の同ランキングでは、さらに高い2位に位置していました。

他にも、2019年読み方ランキングベスト2に輝いた「ひまり」読みだが、ひまりの漢字名ランキングでは、陽葵・ひまりに次ぎ日葵とタイで、なんと「陽茉莉」が3位に入りました。

このような結果からも、「陽茉莉」や「ひまり」という読みの名前は、現代の親たちから非常に好まれていることが明らかです。

特に、「陽茉莉」の漢字それぞれ、「莉」が6位、「陽」が11位、「茉」が22位と、すべての漢字が25位以内にランクインしており、この名前の人気と魅力が伺えます。

明治安田生命の名前ランキング(女の子・読み方)「ひまり」の順位

調査年別順位
調査年 順位
2022年 10位
2021年 8位
2020年 12位
2019年 2位
2018年 9位
2017年 8位
2016年 20位
2015年 14位
2014年 28位
2013年 15位
2012年 21位

陽茉莉の意味とイメージ

「ひまり」という名前は、その音が「ひまわり」や「ひだまり」と似ているため、自然に暖かさや明るさを感じることができます。

この名前の柔らかく、かわいらしい響きは、親たちが子供に明るく、優しい性格を持って欲しいという願いを込めて選ぶことが多いようです。

また、「ひまり」の最初の音「ひ」は、は行で始まる音として、ふわふわやひらひら、ほのぼのといった温厚な印象を持つ表現によく使われます。

特に「ひ」のような母音「い(i)」が付く音は、強い意志や繊細さを持ち、冷静で誠実な印象を与えます。

陽茉莉の漢字の意味と魅力

「陽」という漢字は、日の光が照らす場所や積極的・能動的なものを示す意味を持ちます。

この漢字が持つイメージとしては、春や夏、太陽、光、風、明るさ、おおらかさ、生命力、自然などが挙げられます。

これらの要素は、新しい命や活力、そして前向きなエネルギーを象徴しています。

一方、「茉莉」の部分には、モクセイ科の常緑小低木やジャスミンといった植物の美しさや香りを意味する漢字が使用されています。

特に「茉」は、ジャスミンやモクセイ科の植物を指し、夏や自然、草花、樹木、美しさ、おしゃれさなどのイメージを持ちます。

さらに、「莉」もモクセイ科の植物やジャスミンを意味し、植物や草花、樹木、かわいらしさ、おしゃれさなどのイメージがあります。

このように、それぞれの漢字が持つ意味やイメージが組み合わさることで、「陽茉莉」という名前は、明るく前向きなエネルギーと、自然の美しさや香りの豊かさを併せ持つ魅力的な名前として多くの人々に愛されています。

出典元 ネムディク 石飛博光 他「新版 常用漢字五体字集」368(NHK出版,2012)

「ひまり」はキラキラネーム?

「陽茉莉」という名前は、その響きから「ひだまり」や「ひまわり」のような暖かさや明るさを連想させるものとして多くの人々に受け入れられています。

この名前は、天真爛漫な人柄や、やさしく包み込むような温かさをイメージさせる特性があります。

しかし、一部の人々は「陽茉莉」を「キラキラネーム」として捉えることもあるようです。

特に、この名前を漢字で表現する際に「ひまわり」といった名前との読み間違いが生じることや、多様な当て字の存在が、キラキラネームとしての印象を強める要因となっているかもしれません。

しかしながら、「ひまり」は近年の名前のトレンドとして非常に人気があり、明治安田生命の名前ランキングでも長らく上位に位置しています。

このような背景から、「陽茉莉」は、一時的な流行や特異性を持つ「キラキラネーム」とは一線を画す、定番的な名前となりつつあります。

「陽茉莉」に付けられるあだ名は?

「陽茉莉」ちゃんをあだ名で呼ぶ場合、「ひまちゃん」と呼ばれることが多いようです。そのほかにも以下のようなあだ名が考えられます。

  • ひーちゃん
  • ひまりん
  • ひまっち
  • ひまひま

陽茉莉の名前に込められた親の願い

「陽茉莉」という名前には、親の深い願いや期待が込められています。

この名前の背後には、子供が「陽だまりのように温かい心を持ち、ジャスミンの花言葉のように愛らしく、誰からも愛される優しく素敵な女の子になって欲しい」という願いが隠されています。

また、「ひまわり」のような明るさや「ひだまり」のような暖かさを感じさせる「ひまり」という響きは、親が子供に対して持つ、明るくて優しい子に育って欲しいという深い思いを反映しています。

この名前は、その響きや意味だけでなく、親の愛情や期待、そして未来への希望が詰まっているのです。

陽茉莉と似た名前の読みや漢字

「ひまり」という読み方の名前は、近年非常に人気があります。そのため、同じ読み方を持つ名前や、似たような響きの名前も多く存在します。

例えば、「陽葵」や「陽毬」などが挙げられます。

これらの名前も、「ひまり」という読み方の魅力を持ちつつ、それぞれ独自の意味やイメージを持っています。

その他にも「陽」を使った「ひまり」の漢字三文字の例をいくつか紹介します。

陽蒔里(12画+13画+7画=32画)
陽真浬(12画+10画+10画=32画)
陽真梨(12画+10画+11画=33画)               
陽真理(12画+10画+11画=33画)               
陽真璃(12画+10画+15画=37画)
陽舞哩(12画+15画+10画=37画)               
陽舞利(12画+15画+7画=34画)
陽舞李(12画+15画+7画=34画)
陽舞梨(12画+15画+11画=38画) 
陽麻里(12画+11画+7画=30画)
陽麻俐(12画+11画+9画=32画)
陽麻凛(12画+11画+15画=38画)

陽茉莉の名前の魅力をひも解く:まとめ

  • 「ひまり」という名前は「ひまわり」や「ひだまり」と似ており、暖かさや明るさを感じる
  • 親たちは子供に明るく、優しい性格を持って欲しいという願いでこの名前を選ぶことが多い
  • 「陽」という漢字は積極的・能動的なものや太陽、光、生命力を示す意味を持つ
  • 「茉莉」の部分はジャスミンやモクセイ科の植物の美しさや香りを意味する
  • 近年、「ひまり」という名前は古風な雰囲気と新鮮味のある響きで人気が高い
  • 「陽茉莉」は近年の名前ランキングで非常に高い人気を誇っている
  • 「ひまり」という名前は天真爛漫な人柄や温かさをイメージさせる特性がある
  • 一部の人々は「ひまり」を「キラキラネーム」として捉えることもある
  • 「陽茉莉」ちゃんのあだ名として「ひまちゃん」や「ひまりん」などが考えられる
  • 親は「陽茉莉」という名前に「陽だまりのような温かい心」や「ジャスミンの花言葉のような愛らしさ」を込める
  • 「ひまり」という読み方の名前は近年非常に人気があり、同じ読み方や似た響きの名前も多い

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次