オッドアイを持つ有名日本人4人と海外スター16人、アニメキャラを紹介、原因や確率、動物の画像も

※本ページはプロモーションが含まれています

オッドアイという左右異なる瞳の色を持つ人々は、私たちの周りではなかなか見かけることが少ない珍しい存在です。

この記事では、そんなオッドアイを持つ日本と海外の著名人たちをピックアップし、彼らの魅力を紐解いていきます。また、オッドアイを持つアニメキャラクターや動物にも触れていきます。

日本では約1万人に1人という低確率でオッドアイが生まれるため、芸能界でそのような特徴を持つ人物は特に注目されます。海外では若干確率は高いものの、やはりオッドアイは珍しい特徴です。

この記事を通して、オッドアイという特別な瞳がもたらす魅力や、それがどのようにして形成されるのかについてもお伝えします。

オッドアイの謎に包まれた魅力を探ることで、読者の皆さんにとって、新しい発見や驚きがあるかもしれませんよ。

目次

オッドアイを持つ有名日本人4人

オッドアイ、虹彩異色症は、左右の眼の色が異なる珍しい現象です。実は、この珍しい特徴を持つ日本人は、なんと1万人や5万人に1人という驚くほどの低確率。

だからこそ、オッドアイを持つ人と出会う機会は滅多にありません。でも、興味深いことに、この希少なオッドアイを持つ日本の芸能界には、実は何人かの有名人がいるのです。

では、一体どのような有名人がこの珍しい特徴を持っているのでしょうか?

黄色人種である日本では、オッドアイの確率が非常に低いとされていますが、その中でも目立つ存在感を放つ、オッドアイを持つ日本の芸能人4人を紹介していきます。

奥菜恵

引用元 Instagram

奥菜恵さんといえば、日本の芸能界で際立った存在感を放つ、オッドアイの象徴的な人物です。

1979年、広島県広島市に生まれた彼女は、左右異なる眼の色を持つ稀有な女優。彼女の右目は神秘的なヘーゼル、一方左目は深いブラウン。

さらに興味深いのは、左目がヘーゼルとブラウンが織りなす独特な色合いをしていること。まるで二つの世界を見つめるかのようなその眼は、見る者を引き込む魅力があります。

しかし、このユニークな特徴は、光の加減によっては分かりにくいですが、彼女の神秘性を増しています。

奥菜恵のオッドアイはうそ?色々な画像で検証!特徴・原因、日本人がなる確率も

橋本明

引用元 週刊女性PRIME

橋本明さんは、日本のメディア界で著名な一面を持つ、特異な存在です。

1933年に生まれ、2017年にこの世を去った彼は、フリージャーナリストとしてだけでなく、天皇陛下の学友としても広く知られていました。

彼の人生は、多くの人々に影響を与え、尊敬を集めたことは間違いありません。

しかし、一方で彼は後天性のオッドアイの持ち主でもありました。

その特徴的なオッドアイは、緑内障によるもので、右目の虹彩がシルバーがかった色へと変化していました。

通常、オッドアイと聞くと先天的なものを想像しがちですが、橋本さんの場合は病気が原因で生じた後天的な珍しいオッドアイです。

WANIMA KENTA

引用元 X KENTA WANIMA

日本の音楽シーンで躍動するWANIMAのフロントマン、KENTAさんは、そのユニークなオッドアイで知られています。

彼の左目は深いブラウン、一方の右目はより淡いブラウンをしており、これが彼の魅力の一端を形成しています。

KENTAさんのオッドアイは、同じブラウン系であるため、光の当たり方によっては、その差異が一見して認識しにくい場合もあります。

しかし、この微妙な目の色の違いが、彼の表現力豊かなパフォーマンス、カリスマ性を象徴しているのかもしれませんね。

伊達政宗

伊達政宗、その名は日本の戦国時代を代表する猛将として、歴史のページに刻まれています。

1567年の生まれから1636年の死に至るまで、彼は隻眼の武将として知られ、その勇猛さで多くの人々を魅了しました。

しかし、歴史の陰に隠れた一つの興味深い逸話が、伊達政宗が実はオッドアイだったのではないかというものです。

この話は確固たる証拠に基づくものではなく、あくまで推測の域を出ませんが、それでも彼の人物像に新たな色彩を添えるものとなっています。

この説によれば、彼が隻眼とされる理由は、天然痘による失明ではなく、オッドアイを隠すための策略だった可能性があるとされます。

この仮説が真実かどうかは定かではありませんが、伊達政宗の伝説に神秘的な側面を加えるものであり、歴史愛好家やファンの間で興味深い話題を提供しています。

オッドアイを持つ海外のスター16人

ここからは、世界中で輝く16人のオッドアイを持つ海外スターやスポーツ選手たちを、鮮やかな画像と共にご紹介します。

彼らの中には、ブルーとブラウンの対照的な色を持つ神秘的なオッドアイを持つ人物もいます。これらの独特な眼差しは、それぞれのスターの魅力を一層引き立てています。

芸能界やスポーツの世界では、オッドアイの有名人が意外と多いことに驚かされます。

特に白人の中にはオッドアイを持つ人が多いと言われていますが、実際には多様な国籍や背景を持つスターたちが、この珍しい特徴を持っています。

ここでは、オッドアイを持つ海外スター16人を紹介したいと思います。

マックス・シャーザー

引用元 ウィキペディア

メジャーリーグのスター、マックス・シャーザーは、サイヤング賞3回受賞の名投手ですが、彼を特別な存在にしているのは、右目がブルー、左目がブラウンのオッドアイです。

この珍しい眼色は彼のプレイに独特の魅力を加え、野球ファンにとって忘れがたい印象を残しています。2015年に2度のノーヒットノーランを達成した彼のキャリアは、彼のオッドアイとともに、スポーツ界の歴史に刻まれています。

ミラ・クニス

引用元 ウィキペディア

ウクライナ生まれで、アメリカでその名を轟かせる女優、ミラ・クニス。彼女はウクライナとアメリカの二重国籍を持ち、ハリウッドでの活躍を通じて、国際的な知名度を獲得しています。

特に、2011年にダーレン・アロノフスキー監督の心理スリラー映画『ブラック・スワン』への出演でその才能を広く認められ、さらに、2013年のコメディ映画『テッド』では、そのユーモアセンスと演技力を披露しました。

セクシーで魅力的な彼女ですが、実は一時期、片目の視力をほとんど失っていたという困難な経験をしています。この状態は慢性虹彩炎と白内障の併発によるものでしたが、手術により視力は回復。

しかし、その後遺症か、彼女の瞳は左右で微妙に色が異なる、神秘的なオッドアイになりました。

キーファー・サザーランド

引用元 ウィキペディア

ハリウッドで長年にわたり輝き続けるキーファー・サザーランド。彼は、その卓越した演技力だけでなく、特徴的なオッドアイで知られています。

彼の右目は魅力的なグリーン、左目は深いブルーをしており、このユニークな特徴が彼の個性的な魅力を一層引き立てています。

『24』シリーズでの熱演や、数々の映画での印象的な役どころで知られるキーファーですが、彼のオッドアイは、彼の顔立ちや表情をより印象的なものにし、観客を引きつける強い力を持っています。

デヴィッド・ボウイ

引用元 Instagram

デヴィッド・ボウイ、この名は音楽史において永遠に色褪せない存在です。

彼はその革新的な音楽と個性的なスタイルで世界を魅了しましたが、彼の特徴的なオッドアイもまた、彼のアイコニックなイメージの一部として広く知られています。

デヴィッド・ボウイの瞳は、一方がブルーでありながらも、もう一方が異なる色をしており、この独特な特徴が彼の神秘的な魅力を際立たせています。

彼のオッドアイは、幼少期のけんかによる眼の負傷が原因で生じたもので、その結果、彼の右目の瞳孔が開いたままになりました。

この事故が彼の瞳にユニークな特徴をもたらし、彼のアーティスティックなイメージをさらに強化しました。

ロバート・ダウニー・Jr.

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次