ネクスガードスペクトラはヨドバシカメラで安く買える?通販で買う際の注意点、ジェネリック、副作用など

※本ページはプロモーションが含まれています

ネクスガードスペクトラは、ノミやダニ、フィラリアといった害虫から愛犬を守るための信頼できる選択肢として、多くの飼い主に支持されています。

この記事では、ネクスガードスペクトラの効果的な購入方法、ジェネリック品の利用可能性、そして副作用に関する重要な情報を提供します。

家電量販店のヨドバシカメラの通販サイトでネクスガードスペクトラを購入する方法についても検討し、愛犬の健康維持に役立つ情報を詳しく解説します。

さらに、ネクスガードスペクトラの代替品や、使用する際の注意点にも注目し、愛犬の健康管理に関心がある方々にとって有益な情報を提供することを目指しています。

この記事を読むことで、ネクスガードスペクトラの購入に関してより良い選択ができるようになるでしょう。愛犬の健康を守るための重要なステップとして、この記事を最後までご覧ください。

目次

ネクスガードスペクトラはヨドバシカメラで安く買える?

株式会社ヨドバシカメラは、東京都新宿区に本社を構える大手家電量販店です。家電製品、パソコン、カメラ、写真用品などを幅広く取り扱っています。

日本国内の家電量販店としては、ヤマダデンキ(ヤマダホールディングス)、ビックカメラ、ケーズデンキに次ぐ売上高を誇り、国内で4番目の規模を持つ企業です。

2021年5月時点で、全国に24店舗を展開しています。また、オンラインストアも運営しており、その売上は日本国内でAmazon.co.jpに次いで2番目に大きいとされています。

ネクスガードスペクトラは、犬用のフィラリア予防薬であり、チュアブルタイプとして開発されています。この薬は、ノミやダニ、回虫などの駆除にも効果的です​​。

しかし、ネクスガードスペクトラをヨドバシカメラやその他の一般的な通販サイトで購入することはできません​​。理由としては、日本国内では動物病院の処方箋がないとこの薬を購入することができないためです。

海外では普通に購入できるため、個人輸入を利用することで、処方箋なしでも入手可能となります​​。ネクスガードスペクトラを入手するための2つの主要な方法は以下の通りです。

・動物病院で処方してもらう
・個人輸入サイトを通じて購入する

個人輸入代行業者を利用しての購入は、Amazonなどの一般的な通販サイトではなく、個人輸入代行業者(販売店)を通じて行われることが一般的です​​。

ただし、個人輸入を利用する際には、正規品でないリスクや配送時間、偽物の問題などに注意が必要です。そのため、信頼できる個人輸入代行業者を選ぶことが重要です​​。

なぜ動物病院は料金が高くなるのか?

動物病院でネクスガードスペクトラを処方してもらう際、そのコストが高くなる主要な理由は、初診料や検査料などの追加費用が発生するからです。

具体的には、初診の際には約1,000円から2,000円の初診料が必要となり、さらに検査料として約2,000円が加算されます。

これらの追加費用が予防薬の価格に上乗せされるため、全体的な支払い額が高くなる傾向にあります。

再診の際には、初診料の半額程度が目安とされている場合もありますが、総合的に考えると、動物病院での購入はコスト面で高くつくことが多いです。

犬の体重ネクスガードスペクトラの平均価格(動物病院)
2~3.5kg2300~2400円前後
3.5~7.5kg2400~2800円前後
7.5~15kg2800~3400円前後
15~30kg3200~3900円前後

動物病院でネクスガードスペクトラを購入するメリット、デメリット

動物病院でネクスガードスペクトラを処方してもらう際のメリットとデメリットは、飼い主にとって重要な考慮事項です。

メリット

動物病院での購入の最大の利点は、その信頼性です。獣医師による処方が行われるため、愛犬の健康状態に合わせた正確な診断と適切な製品の提供が保証されます。

これにより、愛犬に最適な予防薬を安心して選ぶことが可能です。また、獣医師の専門知識に基づくアドバイスを受けることができ、愛犬の健康状態や特定のニーズに合わせた予防薬選択が可能となります。

デメリット

動物病院での購入のデメリットは、追加コストがかかることです。初診料や検査料といった追加の医療費が発生し、これらは予防薬の価格に上乗せされるため、全体的なコストが高くなります。具体的には、初診料が約1,000円から、検査料が約2,000円から始まり、予防薬1錠の価格が約2,500円からのケースが一般的です。

また、時間的な制約もデメリットとして挙げられます。病院への通院には時間が必要であり、忙しいペットの飼い主にとっては、特に時間が取れない場合には不便となる可能性があります。

したがって、動物病院での購入は信頼性と専門的なケアを重視する場合に適していますが、コストと時間の面での検討も必要です。

個人輸入と動物病院の価格比較:コスト削減なら個人輸入

動物病院でネクスガードスペクトラを購入する方法と、個人輸入を活用した購入方法には、コスト面で大きな違いがあります。

動物病院での購入では、初診料や検査料、予防薬自体の価格がすべて合算され、1錠あたりのコストが高くなる傾向にあります。これに対して、個人輸入代行サービスを利用する場合、大幅な節約が可能となります。

例えば、信頼できる個人輸入代行サイトを通じて購入する場合、錠剤単位での価格がはるかに低価格になります。

特に、複数錠をまとめて購入する場合、さらなる割引が適用されることもあります。その結果、個人輸入を利用すると、動物病院での購入に比べて、1錠あたりの価格が約半額になることが一般的です。

以下は、動物病院と個人輸入代行サイトでの価格比較表です。

犬の体重(動物病院の平均価格)個人輸入サイト
適応体重:1.8〜3.6kg2300~2400円前後+初診料、検査料1600円~1900円前後
適応体重:3.6〜7.5kg2400~2800円前後+初診料、検査料1700円~2000円前後
適応体重:7.5〜15kg2800~3400円前後+初診料、検査料1800円~2200円前後
適応体重: 15〜30kg3200~3900円前後+初診料、検査料1900円~2400円前後

例えば、1.8〜3.6kg用のネクスガードスペクトラを2年分(24錠)購入した場合、

動物病院だと、2300円~2400円×24 = 55,200円~57,600円+(初診料、検査料×24

個人輸入サイトだと、1600円~1900円×24 = 38,400円~45,600円

サイト選びによって差はあるものの、年間で約1万円から2万円のコストの違いが生じることがあります。

動物病院で購入する際には、初診料や検査料などの追加費用が必要となり、これらを考慮すると、長期的に見た場合のコストの差は明確になります。

この比較から、

信頼性と専門的アドバイスを重視される方は動物病院、コスト面を重視する場合、個人輸入サイトがおすすめです。

個人輸入で購入可能:メリットと注意点

個人輸入を通じてネクスガードスペクトラを購入する方法は、コスト面で大きな利点を提供します。

たとえば、ペットくすりなどの信頼できる個人輸入代行サイトを利用した場合、動物病院での価格の約半分以下で購入することが一般的です。

これにより、飼い主は予算を大幅に節約しつつ、愛犬の健康管理を効果的に行うことが可能です。

しかし、個人輸入にはいくつかの重要な注意点があります。最も重要なのは、偽物のリスクです。

正規品ではない偽造品が届く可能性があるため、代行サイトの選択には細心の注意が必要です。信頼できるサイトでは、正規品保証や追跡可能な配送サービスを提供していることが一般的です。

また、海外からの発送による時間の問題も考慮する必要があります。

通常、注文から商品が届くまでに1週間から2週間程度かかるため、予防薬が必要な時期を事前に計画し、余裕をもって注文することが重要です。

個人輸入でのネクスガードスペクトラ購入は、経済的な利便性を提供する一方で、偽物のリスクや配送時間に注意を払うことが重要です。

ペットの飼い主は、愛犬の健康状態や自身の予算に応じて、この選択肢を検討することが肝要です。

うさパラ:信頼できる個人輸入代行サイト

ネクスガードスペクトラを個人輸入で購入する際、信頼できるサイト選びが最も重要です。

この点において、うさパラはペット用医薬品の手頃な価格での提供において信頼されるサービスとして位置づけられています。2011年から12年以上の運営実績があり、長期に渡る運営はうさパラの信頼性を示しています。

詐欺的なサイトでは長期運営が難しいため、うさパラの長い歴史はその信頼性の証明です。また、数多くのポジティブな口コミやレビューも、サービスの品質を裏付けています。

うさパラの最大の魅力はそのコストパフォーマンスです。動物病院で提供される医薬品と比較して、同じ品質の薬をより手頃な価格で提供しています。

さらに、ウェブサイトはユーザーフレンドリーで、必要な薬を容易に見つけることができます。問題が生じた場合に備えた迅速なカスタマーサポートも大きな利点の一つです。

以上の理由から、うさパラはネクスガードスペクトラなどのペット用医薬品を個人輸入する際に、信頼できる選択肢として多くのペットの飼い主に選ばれています。

うさパラのメリット
長年にわたる信頼の積み重ね
高いコストパフォーマンス
使いやすいサイト構成
優れたカスタマーサポート

ネクスガードスペクトラにジェネリックはあるのか?

多くの飼い主がネクスガードスペクトラのジェネリック医薬品の有無について疑問を抱いています。

ジェネリック医薬品は、オリジナルのブランド医薬品の特許期間が終了した後に製造される医薬品で、オリジナルと同じ成分、品質、安全性、効果を持ちながら、より低価格で提供されるのが一般的です。

しかしながら、ネクスガードスペクトラに関しては、現在ジェネリック医薬品は市場に存在していません。その主な理由は、ネクスガードスペクトラが2015年12月に新しく市場に導入され、現在も特許期間内であるためです

その結果、同成分を持つジェネリック医薬品の製造は現在行われておらず、市場に出回っていない状態です。

ネクスガードスペクトラのジェネリック医薬品に対する需要は高いですが、特許期間が終了するまではその登場は期待できない状況です。

現時点での選択肢としては、オリジナルのネクスガードスペクトラを購入するか、価格がやや安い代替品を探すことになります。

ジェネリック医薬品は安価で品質の高い治療オプションを提供するため、多くの人にとって魅力的な選択肢です。

しかし、ネクスガードスペクトラの場合は特許期間中であるため、ジェネリック医薬品の利用は現時点では不可能です。特許期間が終了すれば、将来的には同等の効果を持つ医薬品がより手頃な価格で市場に登場する可能性があります。

ネクスガードスペクトラの代替品と賢い選択肢

ネクスガードスペクトラはペットの健康管理に非常に人気がありますが、効果とコストを考慮した代替品もあり、これらは飼い主にとって魅力的な選択肢を提供します。

フィプロフォートプラス、ストロングハートプラス・チュアブル、キウォフハートなどが、ネクスガードスペクトラの代わりとして利用できる類似製品です。

これらの製品は、ネクスガードスペクトラ同様にノミ、ダニ、フィラリア予防の効果を有し、ペットの健康をしっかりサポートします。

これらの代替品を選ぶ際に重要なポイントは、製品の価格と成分です。

フィプロフォートプラスやストロングハートプラス・チュアブルは、ネクスガードスペクトラよりもコストパフォーマンスが高く、予算に制約のある飼い主にとって有利な選択です。これらの製品は経済的な負担を軽減しながら、必要な予防効果を提供します。

一方、キウォフハートは成分の特徴があり、特定の寄生虫に対して顕著な効果があります。

代替品を選ぶ際は、ペットの健康状態や特有のニーズに合わせて、最適な製品を選ぶことが重要です。愛犬に特定のアレルギーや健康問題がある場合は、成分を確認し、獣医師の助言を受けながら製品を選ぶことが推奨されます。

これらの代替品は獣医師の処方箋なしでオンラインで簡単に購入できるため、時間に制約がある飼い主にとっても便利です。

ネクスガードスペクトラの代替品を選ぶことで、ペットの健康を維持しながら経済的な選択をすることが可能になります。

ネクスガードスペクトラの代替品の購入はぺっとくすりがおすすめ

ネクスガードスペクトラの代替品をお探しの飼い主にとって、ペットくすりは信頼性の高いオンライン個人輸入サイトとして最適です。

ペットくすりは、フィプロフォートプラス、ストロングハートプラス・チュアブル、キウォフハートなど、多様なペット用医薬品を扱う確かなオンラインストアです。

このサイトの主な魅力はその価格面にあります。

ネクスガードスペクトラと比較して、これらの代替品はコスト効率に優れており、予算に応じた選択が可能です。さらに、オンライン購入の手軽さと自宅配送の便利さは、忙しい飼い主にとって大きな利点です。

ペットくすりでは、飼い主が愛犬の健康ケアに最適な選択をするために、幅広い製品の選択肢と詳細な情報提供を行っています。

予算を考慮しつつ、ネクスガードスペクトラの代替品を探している場合、ペットくすりは優れたオプションとなるでしょう。

フィプロフォートプラス 728 × 90

ネクスガードスペクトラとは?基礎知識

  • 有効成分と副作用
  • アフォキソラネルの安全性と毒性
  • 投薬後のシャンプーケア
  • 年間通しての投薬
  • 副作用
  • 投与時の注意点

ネクスガードスペクトラの有効成分と副作用について

ネクスガードスペクトラは、愛犬のノミ、ダニ、フィラリア予防に広く使用されている薬であり、主要な有効成分はアフォキソラネルとミルベマイシンオキシムです。

アフォキソラネルは特にノミとダニの駆除に効果的で、投与後30分以内にノミに対して、24時間以内にダニに対して効果を発揮します。

一方のミルベマイシンオキシムは、フィラリア予防の他、回虫、鉤虫、鞭虫などの内部寄生虫にも有効です。

ネクスガードスペクトラはこれらの成分により寄生虫を効果的に駆除しますが、副作用のリスクも完全にはないことを理解することが重要です。

一部の犬では、下痢、食欲不振、無気力などの副作用が報告されています。これらの副作用は通常軽度で一時的なものですが、持続する場合は迅速に獣医師の診断を受けることが推奨されます。

愛犬の健康状態と副作用のリスクを考慮し、ネクスガードスペクトラの使用を検討する際には、獣医師のアドバイスを求めることが望ましいです。

また、何らかの異常が見られた場合は、速やかに専門家の意見を聞くことが重要です。

主成分アフォキソラネルの安全性と毒性について

ネクスガードスペクトラは犬の寄生虫予防に広く用いられる薬剤ですが、その安全性について飼い主の間で疑問が生じることがあります。

この薬の主要成分であるアフォキソラネルは、ノミやダニに対して強力な殺滅効果を持ちつつ、犬への毒性は非常に低いとされています。この低毒性は、アフォキソラネルを犬の健康を守る上で安全な選択肢として位置づけています。

アフォキソラネルの作用機序は寄生虫の神経系に影響を与え、その活動を効果的に阻害します。

この成分は成虫だけでなく幼虫にも効果を発揮し、寄生虫のライフサイクルを断つことが可能です。さらに、フィラリア予防にも寄与し、愛犬の健康を広範囲にサポートします。

医学的研究によれば、アフォキソラネルは適切な用量で使用される限り、犬に高い安全性を提供します。

しかし、犬の個体差や既存の健康状態によっては副作用が生じる可能性があるため、使用時は獣医師の指示に従うことが重要です。また、アフォキソラネルに敏感な犬種や特定の健康問題を持つ犬には、他の予防薬が推奨される場合もあります。

ネクスガードスペクトラを選ぶ際は、愛犬の種類や体重、健康状態を考慮し、適切な用量を選択することが必要です。

アフォキソラネルを含むネクスガードスペクトラは、これらの点を考慮して使用すれば、愛犬の健康を守るための信頼できる選択肢として評価されています。

投薬後すぐのシャンプーケアについて

ネクスガードスペクトラは、投与後にすぐに愛犬をシャンプーしても問題がないという特性を持っています。これは従来のノミやダニ対策薬においては考えられなかった利点であり、飼い主にとって大きなメリットです。

過去の寄生虫予防薬では、薬剤が犬の体内に広がるまで待つ必要があり、その間シャンプーを避けることが求められました。

しかし、ネクスガードスペクトラの場合、待機時間の制約がなく、愛犬の衛生を保ちながらも薬の効果を十分に得ることができます。

痛みを伴う治療は犬と飼い主双方にとってストレスの源となりますが、ネクスガードスペクトラの使用はこのようなストレスを軽減し、共に快適な生活を送るのに貢献します。

特に、愛犬の健康管理を効果的かつストレスフリーに行いたい飼い主にとって、ネクスガードスペクトラは理想的な選択肢です。

投与後のシャンプーの自由度は、愛犬の清潔を保ちつつ、寄生虫から守るための効果的な手段となり得ます。

キウォフハート 728 × 90

ネクスガードスペクトラは通年投薬がおすすめ

愛犬のノミ、ダニ、フィラリア予防のために、ネクスガードスペクトラを一年中定期的に投与することが強く推奨されています。この推奨の背景には、地球温暖化の影響で蚊の活動期間が延長されている現状があります。

以前は蚊が主に夏の間だけ活動するとされていましたが、最近の状況では冬季にも蚊が活動することが報告されており、これが愛犬の健康に対するリスクを増加させています。

特に、フィラリア症のような蚊を介した疾患の予防はより重要になっています。

また、蚊は国際的な移動によって、冬季でも活動する地域へ運ばれることがあります。これは船便コンテナや航空輸送を通じて起こり、季節に関係なく蚊のリスクが存在することを意味します。

これらの変化を踏まえると、ネクスガードスペクトラを年間通じて投与することは、愛犬のノミ、ダニ、フィラリア予防において非常に重要な役割を果たします。

特にフィラリア予防に関しては、蚊の活動期間中は愛犬を病気から守るために定期的な予防投薬が不可欠です。

このような季節的な変化に対応し、獣医師のアドバイスのもとでネクスガードスペクトラを一年中投与することが、愛犬の健康保護における最善の戦略となります。

飼い主としては、新たなリスクに適切に対応するための準備を行うことが必要です。

フィラリア症予防:なぜ必要?

フィラリア症は、愛犬にとって重大な健康リスクをもたらす疾患です。この病気は蚊によって運ばれるフィラリアの幼虫が、犬の心臓の弁や血管に絡みついて発症します。

フィラリア症が進行すると、愛犬は重い心不全に陥ったり、最悪の場合は命を落とす危険性もあります。

特に蚊が活発に活動する地域や季節では、フィラリア症の予防が愛犬の生命を守るために非常に重要です。

この病気は、蚊が運ぶフィラリアの幼虫が心臓弁や血管に影響を及ぼし、重篤な症状を引き起こすことによって発生します。

進行すると心不全や死亡に至るリスクが高まるため、蚊の多い地域や時期には特に、フィラリア症予防のための対策が愛犬の健康維持には欠かせません。

ストロングハートチュアブル小型犬用

ネクスガードスペクトラの副作用

ネクスガードスペクトラは、犬のノミ、ダニ、フィラリア予防に広く利用される薬であり、飼い主にとってその安全性と副作用への理解は重要です。

この薬に含まれる成分であるアフォキソラネルとミルベマイシンオキシムは、一般に安全性が高く副作用が少ないとされています。しかし、すべての薬剤には副作用の可能性があるため、使用に際しては注意が必要です。

ネクスガードスペクトラの投与後に見られる副作用としては、下痢、食欲不振、無気力などがあります。これらは通常、一時的な症状であり、薬剤の効果がなくなると共に解消することが多いです。

しかし、これらの症状が持続する場合や、愛犬に何らかの異変を感じた場合は、速やかに獣医師の診察を受けることが勧められます。

獣医師は愛犬の全体的な健康状態や他の薬剤との相互作用を考慮し、ネクスガードスペクトラの継続使用が適切かどうかを判断します。

また、愛犬が特定の成分に対してアレルギーや感受性を示す場合、他の予防薬への変更も検討されることがあります。

投与時の注意点:必ず動物病院で感染していないことを確認

ネクスガードスペクトラは、愛犬のフィラリア予防に有効な薬ですが、投与前には幾つか重要な点を飼い主が考慮する必要があります。

特に重要なのは、愛犬がフィラリア症に感染していないかを動物病院で確認することです。

フィラリア症に感染している状態でネクスガードスペクトラを投与すると、フィラリアの幼虫が急激に死滅し、重篤な健康障害を引き起こす可能性があるため、この確認は不可欠です。

ネクスガードスペクトラの効果は1回の投与で約1ヶ月間持続します。そのため、定期的な投与が愛犬の健康維持に欠かせません。

理想的には毎月1回、獣医師の指導のもとで投与することが望ましく、これにより年間通じてフィラリア予防を継続できます。蚊の活動が盛んな季節や地域では、この予防が特に重要になります。

さらに、ネクスガードスペクトラの投与時には、愛犬の体重に合わせた適切な用量を選択することも大切です。

獣医師は愛犬の体重や健康状態を考慮して最適な用量を決定し、その指示に従って正確に投与することが重要です。

ネクスガードスペクトラは、ヨドバシカメラで買える?まとめ

ネクスガードスペクトラは、ノミ、ダニ、フィラリアの予防に役立つ犬用の薬です。しかし、ヨドバシカメラや他の通常の通販サイトでは販売されていません。

これはペット用医薬品に関する法規制によるもので、主に動物病院での処方箋や個人輸入が購入方法として考えられます。

動物病院で購入する場合、薬の選択に関して獣医師の専門的なアドバイスが得られるため、安心して使用できます。ただし、この方法では追加の費用や時間がかかることがあります。

一方、個人輸入を選ぶ場合、コストを節約できる利点がありますが、偽物を避けるためには信頼性の高いサイトから購入することが重要です。

その点で、うさパラは信頼性が高く、安全でコスト効率の良い購入方法として推奨されています。

  • ネクスガードスペクトラは犬用のノミ、ダニ、フィラリア予防薬として人気
  • 日本のペット用医薬品に関する法的制限により、ヨドバシカメラなどの一般通販サイトでの販売はなし
  • 入手方法は動物病院での処方または個人輸入の二通り
  • 動物病院での購入は信頼性が高いが、追加料金が発生する可能性あり
  • 個人輸入はコスト削減が可能だが、信頼できるサイト選びが必要
  • うさパラは個人輸入において信頼性とコスト効率で推奨されるサイト
  • ネクスガードスペクトラのジェネリック品は特許保護のため存在しない
  • フィプロフォートプラスやストロングハートプラスチュワブルなどの代替品もあり
  • 動物病院と個人輸入の価格に大きな差、個人輸入の方が一般的に安価
  • 偽物を避けるために信頼できる個人輸入サイトの選択が重要
  • 個人輸入の場合は配送時間や偽物のリスクも考慮する必要あり
  • 犬の飼い主はコスト、信頼性、ペットの健康ニーズを考慮して購入場所を選択すべき

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次