ネクスガードスペクトラは楽天で安く買える?通販で買う際の注意点、ジェネリック、副作用など

※本ページはプロモーションが含まれています

愛犬の健康維持にはノミ、ダニ、フィラリアからの保護が重要です。この分野で、ネクスガードスペクトラは多くの飼い主に信用されているオプションの一つとして知られています。

この記事では、ネクスガードスペクトラの購入方法、利用可能なジェネリック製品、副作用に関する情報を詳しくご紹介します。

楽天などの通販サイトでネクスガードスペクトラを手に入れることはできるのでしょうか?また、愛犬の健康保護にどのように寄与するのかについても焦点を当てています。

さらに、ネクスガードスペクトラの代わりになる製品や、投与する際の重要なポイントも掘り下げています。愛犬の健康管理に関心がある方にとって、この記事は価値ある情報源になることでしょう。

もしネクスガードスペクトラの購入を考えているなら、是非この記事を最後までご一読ください。

目次

ネクスガードスペクトラは楽天安く買える?

楽天市場

1997年5月1日に設立された日本最大のオンラインショッピングモールです。2021年3月1日時点で、出店数は53,641、商品の種類は約3億点に及び、国内では最大級の規模を誇っています。2020年12月の期間には、楽天市場単体の流通総額が3兆円を超える記録を達成しました。

この巨大なショッピングプラットフォームは、日本国内のEC(電子商取引)市場において、Yahoo!ショッピングやAmazon.co.jpを凌ぐ売上高を誇り、国内最大手としての地位を確立しています。

ネクスガードスペクトラは、愛犬のノミ、マダニ、フィラリアの予防に有効な薬で、多くの飼い主がその購入方法に関心を持っています。

しかし、楽天やその他の一般的な通販サイトでネクスガードスペクトラを手に入れることはできません。この背景には、ペット用医薬品の取り扱いに関する法的な制約があるためです。動物用医薬品は、人間用の医薬品と異なり、特定の条件下でしか販売されていません。

そのため、ネクスガードスペクトラを手に入れるための主な方法2つあります。

・動物病院で処方してもらう
・個人輸入サイトを通じて購入する

動物病院での購入は専門家による適切な診断と処方が得られるというメリットがありますが、その反面、追加費用や時間的制約があることも事実です。

一方、個人輸入を利用すると、低価格での購入が可能ですが、偽物のリスクや配送時間の問題があります。

個人輸入を行う際には、自分自身で適切な用量や使用方法を理解し、管理する必要があります。これには、インターネットを通じて海外の販売業者から薬を直接購入し、自宅に配送させるという方法が含まれます。

動物病院での処方と個人輸入の両方には、それぞれ利点と欠点が存在します。飼い主は、愛犬の健康状態や自身の状況に合わせて、最適な購入方法を選択することが大切です。

動物病院だと1錠当たりのコストが高くなる

動物病院でネクスガードスペクトラのコストが高くなる理由は、初診料や検査料などの追加費用が発生するからです。これらの費用は予防薬の価格に加えられるため、最終的に支払う費用は高額になることが多いのです。

具体的には、多くの動物病院で初診の際には約1,000円から2,000円の初診料が必要となり、再診時には初診料の半額程度が目安とされています。

ネクスガードスペクトラを動物病院で購入する場合、薬自体の価格に加えて、診察費用が合算された総額が費用として発生します。このため、動物病院での購入は、総合的なコスト面で高くつくことが予想されます。

犬の体重ネクスガードスペクトラの平均価格(動物病院)
2~3.5kg2300~2400円前後+初診料や検査料
3.5~7.5kg2400~2800円前後+初診料や検査料
7.5~15kg2800~3400円前後+初診料や検査料
15~30kg3200~3900円前後+初診料や検査料

動物病院でネクスガードスペクトラを購入するメリット、デメリット

動物病院でネクスガードスペクトラを購入する際のメリットとデメリットを考えることは、飼い主にとって重要です。

メリットの面では、動物病院で購入する最大の利点は信頼性の高さです。獣医師が処方するため、愛犬の状態に合わせた正確な診断と、最適な製品の提供が確約されています。

結果として、愛犬の健康に適した予防薬を安心して選ぶことが可能になります。また、獣医師の専門知識に基づくアドバイスを受けることもでき、愛犬の健康状態や個別のニーズに合った予防薬選択が可能です。

一方、デメリットとしては、動物病院での購入には追加コストがかかる点が挙げられます。

初診時の診察料や検査料など、追加の医療費が発生することが多く、これらの費用は予防薬の価格に上乗せされるため、総費用が高くなる傾向があります。

一般的に、初診料が約1000円、検査料が2000円から始まり、予防薬1錠の価格が2500円からのケースが多いです。これにより、一箱(3錠)の総コストが3300円から3500円程度になることもあります。

もう一つのデメリットは、時間的な制約が発生することです。病院への通院には時間が必要であり、忙しいペットの飼い主にとっては時間が取りにくい場合があります。

したがって、動物病院での購入は、信頼性と専門的なケアを最優先に考える場合に適していますが、コストや時間の面では検討が必要です。

動物病院との値段比較:個人輸入の通販の方が安い

動物病院でのネクスガードスペクトラの購入と、個人輸入を利用した購入の間には、コストの面で顕著な差が存在します。

動物病院での購入の場合、初めての診察にかかる費用や、検査料、そして予防薬自体の価格が全て合算されるため、1錠あたりのコストが高くなる傾向にあります。

対照的に、個人輸入代行サービスを利用することで、経済的な節約が実現可能です。

例えば、うさパラのような信頼できる代行サイトを通じて購入する場合、錠剤単位での価格が大幅に低価格になります。特に、複数錠を一括で購入する際には、さらなる割引が適用されることもあります。

その結果、個人輸入での購入では、動物病院での購入に比べて、1錠あたりの価格が約半額になるケースが多いです。これにより、動物病院で購入するよりもはるかに経済的な選択が可能になります。

以下は、動物病院と個人輸入代行サイト間でのネクスガードスペクトラの価格比較を示した表です。

犬の体重(動物病院の平均価格)個人輸入サイト
適応体重:1.8〜3.6kg2300~2400円前後+初診料、検査料1600円~1900円前後
適応体重:3.6〜7.5kg2400~2800円前後+初診料、検査料1700円~2000円前後
適応体重:7.5〜15kg2800~3400円前後+初診料、検査料1800円~2200円前後
適応体重: 15〜30kg3200~3900円前後+初診料、検査料1900円~2400円前後

例えば、1.8〜3.6kg用のネクスガードスペクトラを2年分(24錠)購入した場合、

動物病院だと、2300円~2400円×24 = 55,200円~57,600円+(初診料、検査料×24

個人輸入サイトだと、1600円~1900円×24 = 38,400円~45,600円

購入先によってネクスガードスペクトラの代金だけでも、年間のコスト差は約1万円~2万円以上になります。

動物病院は、さらに初診料、検査料が追加で必要ですので、長い目で見るとコスト差は歴然です。

この比較を踏まえると、動物病院で購入する場合は信頼性と専門的なアドバイスの面で利点がありますが、お金の面を考えると、個人輸入サイトも十分な選択肢となってきますね。

ペットの飼い主にとって、愛犬の健康状態や予算を考慮し、最も適した選択を行うことが肝要です。

個人輸入で購入可能:メリットと注意点

個人輸入を利用してネクスガードスペクトラを購入する方法は、多くの飼い主にとって魅力的なオプションです。

この方法の最大のメリットは、動物病院で購入するよりも、大幅に安い価格でネクスガードスペクトラを入手できることです。

例えば、ペットくすりのような信頼性の高い個人輸入代行サイトを使用すると、動物病院の価格の約半分以下で購入することがよくあります。これにより、飼い主は財布に優しく、愛犬の健康管理を効果的に行うことが可能になります。

注意点

しかし、個人輸入の過程には注意すべき点もいくつか存在します。特に重要なのが、偽造品の存在リスクです。

正規品ではない模造品が届く可能性があるため、信頼できる代行サイトを選ぶ際には慎重さが必要です。信頼できるサイトならば、通常、正規品保証と追跡サービスを提供しています。こういったサービスがあるのか、購入前にしっかり確認しましょう。

さらに、海外からの発送に伴う時間的な遅延も考慮に入れる必要があります。

通常、注文してから商品が到着するまでに1週間から2週間程度かかることが一般的ですので、予防薬が必要な時期を前もって計画し、余裕を持って注文することが望まれます。

結局のところ、個人輸入でのネクスガードスペクトラ購入は、経済的利便性をもたらしますが、偽造品のリスクや配送の遅延に注意を払うことが大切です。

個人輸入代行で信頼できるサイトはうさパラ

ネクスガードスペクトラの個人輸入において、どの代行サービスを選ぶかは極めて重要です。

この点で「うさパラ」は、ペット用医薬品を手頃な価格で提供する信頼されているサービスとして広く認識されています。

2011年から12年以上運営されており、この長い運営歴が、うさパラが信頼できるかをしっかりと証明しています。

詐欺的なサイトでは長期間に渡る運営が困難であるため、うさパラの長期にわたる存続はその真実性の証となっています。また、多くの飼い主からの肯定的な口コミやレビューは、サービスの品質をさらに強調しています。

うさパラの最大の特長はそのコストパフォーマンスにあります。動物病院で処方される薬品と比べても、同等の品質をより安い価格で提供しています。

加えて、うさパラはユーザーフレンドリーなウェブサイトデザインを採用しており、求める薬を容易に見つけることが可能です。そして、何か問題が生じた場合の迅速なカスタマーサポートの存在も大きな利点です。

これらの理由から、うさパラはネクスガードスペクトラをはじめとするペットの薬を個人輸入する際に、信頼できる選択肢として注目されています。

ネクスガードスペクトラにジェネリックはあるのか?

ジェネリック医薬品とは、元となるブランド医薬品の特許期間が終了した後に市場に出る後発医薬品のことを指します。

これらはオリジナルのブランド製品と同じ成分を含みながらも、より低いコストで提供されるのが特徴です。

こうした医薬品は、安全性や品質、効果においてブランド製品と同等でありながら、経済的な負担を減らす手段として人気を集めています。

では、ネクスガードスペクトラにも同様のジェネリック医薬品は存在するのでしょうか。答えは、「現在のところ存在しません」です。

ネクスガードスペクトラは2015年に発売された比較的新しい医薬品であり、まだ特許期間中です。そのため、同じ成分を持つジェネリック医薬品が製造されることはありません。

これは、ネクスガードスペクトラのジェネリック医薬品を望む声が多いことを考慮すると、やや残念なニュースかもしれません。

しかしながら、特許期間が終了すれば、将来的にはより手頃な価格で同等の効果を持つ医薬品が登場する可能性があります。

そのため、現時点ではオリジナルのネクスガードスペクトラを購入するか、もう少し安い代替品を購入するかの2択になってきます。

ネクスガードスペクトラの代替品とその選び方

ペットの健康を守るために、ネクスガードスペクトラは非常に人気のある選択肢ですが、いくつかの代替品も存在し、これらは効果とコストの両面で飼い主に適した選択肢を提供します。

代表的な代替品には、フィプロフォートプラス、ストロングハートプラス・チュアブル、キウォフハートなどがあります。

これらの製品はネクスガードスペクトラと同様に、ノミやマダニ、さらにはフィラリア予防の効果を持ち、ペットの健康をしっかりとサポートします。

代替品を選ぶ際のポイントは、価格と成分です。

フィプロフォートプラスやストロングハートプラス・チュアブルは、ネクスガードスペクトラと比較してより経済的な選択肢を提供します。

これらはコストを抑えつつも、必要な予防効果を確実に提供するため、予算に制約がある飼い主にとって理想的な選択となります。

一方、キウォフハートは成分面での特徴があり、特定の寄生虫に対する高い効果を持っています。

代替品の選択においては、愛犬の健康状態や特定のニーズに合わせて、適切な製品を選ぶことが重要です。

愛犬が特定のアレルギーや健康問題を持っている場合は、成分表を確認し、獣医師と相談して最適な製品を選ぶことをお勧めします。

また、これらの代替品は獣医師の処方が必要なく、オンラインで簡単に購入できることも、忙しい飼い主にとって大きな利点です。

ネクスガードスペクトラの代替品を選ぶことで、ペットの健康を守りながら、家計にも優しい選択をすることが可能になります。

ネクスガードスペクトラの代替品ならぺっとくすりがおすすめ

ネクスガードスペクトラの代わりを探している飼い主さんにとって、ペットくすりは信頼できるオンラインの個人輸入サイトとしておすすめです。

ペットくすりは、様々なペット向け医薬品を扱うオンラインショップで、ネクスガードスペクトラの代替として、フィプロフォートプラスやストロングハートプラス・チュアブル、キウォフハートなど多岐にわたる商品を提供しています。

このサイトを利用する大きな利点は、コスト効率の良さにあります。これらの代替品は、ネクスガードスペクトラに比べて価格面で優れており、予算に合わせた選択が容易になります。

オンラインで手軽に購入し、直接自宅に届けられるため、忙しい飼い主さんにとっても大変便利です。

ペットくすりは、広範囲な商品の選択肢と豊富な情報を提供し、愛犬に最適なケアを選ぶサポートをしてくれます。

予算に配慮し、ネクスガードスペクトラの代替品を求める場合、ペットくすりは優れた選択肢となるでしょう。

フィプロフォートプラス 728 × 90

ネクスガードスペクトラについて

  • 有効成分と副作用について
  • 安全性について
  • 投薬後のシャンプーケアについて
  • 年間通しての投薬について
  • 副作用について
  • 投与時の注意点について

ネクスガードスペクトラの有効成分と副作用

ネクスガードスペクトラは、犬の寄生虫予防に広く用いられる薬剤で、主にノミ、ダニ、フィラリア予防に効果を発揮します。

この薬剤に含まれる主要成分はアフォキソラネルとミルベマイシンオキシムです。アフォキソラネルはノミとダニを速やかに駆除する効果があり、投与後わずか30分でノミに対して効果を示し、ダニに対しては24時間以内に効果が見られます。

また、ミルベマイシンオキシムはフィラリア予防だけでなく、回虫や鉤虫、鞭虫などの内部寄生虫に対しても有効です。

ネクスガードスペクトラはこれらの成分の効果により、寄生虫駆除において高い効果を持ちますが、副作用のリスクを完全に排除することはできません。

一部の犬では、下痢や食欲不振、無気力といった副作用が見られることがあります。これらの副作用は通常、軽度で一時的なものですが、症状が続く場合には速やかに獣医師に相談することが推奨されます。

ネクスガードスペクトラの使用を考える際には、愛犬の健康状態と副作用のリスクを慎重に比較検討することが求められます。特に、何か異常が見られた場合には、迅速に獣医師に相談することが重要です。

ネクスガードスペクトラは多くの場合、安全に使用できる薬剤ですが、愛犬の個別の健康状況によっては別の対処が必要な場合もあり得ます。

主成分アフォキソラネルの毒性と安全性

ネクスガードスペクトラは、犬のノミやダニ、フィラリアの予防に効果的な薬として広く使用されています。しかし、その安全性に関しては、飼い主の間で時折疑問が呈されることがあります。

ネクスガードスペクトラの主成分であるアフォキソラネルは、ノミやダニに対する強力な効果を持ちながらも、犬にとっての毒性は極めて低いとされています。この低い毒性レベルが、アフォキソラネルを犬にとって安全な選択肢として位置付けています。

アフォキソラネルの作用は、寄生虫の神経系に作用し、その活動を効率よく阻害します。この成分は成虫だけでなく、ノミやダニの幼虫にも効果を発揮し、寄生虫の生活サイクルを断つことができます。

さらに、アフォキソラネルはフィラリア予防にも有効で、犬の健康を多角的にサポートします。

獣医学的な研究によれば、アフォキソラネルは犬に対して安全性が高く、推奨される用量で使用した場合、重大な健康リスクを引き起こすことは一般的ではありません。

ただし、犬によっては、アフォキソラネルに対する反応が異なる場合があり、稀に副作用が発生することもあります。そのため、ネクスガードスペクトラを使用する際には、獣医師の指示に従うことが肝心です。

特にアフォキソラネルに敏感な犬種や、健康上の問題を抱える犬では、別の予防薬を選択することが勧められることもあります。

ネクスガードスペクトラを選択する際は、愛犬の特性や体重、健康状態を考慮し、適正な用量を選ぶことが重要です。

こうした注意を払いながら、アフォキソラネルを含むネクスガードスペクトラは、犬の健康を守るための信頼できる選択肢として使用されています。

投薬後のシャンプーケアについて

ネクスガードスペクトラは投薬後、即座にシャンプーを行っても問題ありません。

従来のノミやダニ対策薬の場合、成分が犬の体内に広がるのを待つ必要があるため、一定時間シャンプーを控える必要がありました。しかし、ネクスガードスペクトラではそのような待機時間は不要です。

これにより、愛犬の清潔を維持しながらも、寄生虫予防のための薬の効果を確実に享受できます。これは飼い主にとって大きな利点となります。

痛みを伴う治療法は、犬だけでなく飼い主にとってもストレスの元になり得ます。

ネクスガードスペクトラは、このようなストレスを軽減し、飼い主と愛犬の快適な共同生活に寄与します。

愛犬の健康管理を効果的かつストレスフリーに行いたい飼い主にとって、ネクスガードスペクトラは適切な選択肢となるでしょう。

キウォフハート 728 × 90

ネクスガードスペクトラは年間通しての投薬がおすすめ

愛犬の健康維持のため、ネクスガードスペクトラの一年中の定期的な投薬が推奨されています。

この背景には、地球温暖化の影響により蚊の活動期間が従来より長くなっている現状があります。

以前は蚊が夏季にのみ活動するとされていましたが、最近では冬季にも蚊の活動が見られるようになり、これが愛犬に対する健康リスクを増大させています。特に、蚊が媒介するフィラリア症に対する予防の重要性が高まっています。

また、蚊は国際的に移動することがあり、熱帯地域からの船便コンテナや航空輸送を通じて、冬季でも活動する可能性がある地域へと運ばれることがあります。

これらの変化を考慮すると、ネクスガードスペクトラの一年を通した投薬は、愛犬のノミ、ダニ、フィラリア予防にとって非常に重要な役割を果たします。

特にフィラリア予防に関しては、蚊の活動期間中は愛犬を病気から守るために定期的な予防投薬が不可欠です。

このような季節的な変化に対応し、獣医師の指導の下でネクスガードスペクトラを年間を通して投与することが、愛犬の健康保護において最善の対策となります。飼い主としては、新たなリスクに適切に対処するための準備が求められます。

フィラリア症予防はなぜ必要?

フィラリア症は、愛犬の健康にとって大きなリスクをもたらす病気です。

この疾患は、蚊が媒介するフィラリアの幼虫が犬の心臓の弁に絡まり、血管を塞ぐことによって引き起こされます。

この病気が進行すると、重度の心不全や最悪のケースでは死に至る可能性があるため、特に蚊が活動する地域や時期には、フィラリア症予防が愛犬の生命を守る上で極めて重要となります。

ネクスガードスペクトラの副作用について

ネクスガードスペクトラはノミ、ダニ、フィラリアの予防に一般的に使用される薬ですが、その使用に伴う安全性と潜在的な副作用についての理解は、飼い主にとって非常に重要です。

ネクスガードスペクトラに含まれるアフォキソラネルとミルベマイシンオキシムは、通常、副作用が少ないとされ、安全性が高いとされています。

しかし、どんな薬剤にも副作用の可能性があるため、ネクスガードスペクトラの使用時には注意が必要です。

投与後に見られることがある副作用には、下痢や食欲不振、無気力などが挙げられます。

これらの症状は一時的なもので、多くの場合は薬剤が体内から排出されるとともに解消されます。

ただし、これらの症状が持続するか、愛犬の様子に他の異常が見られる場合には、速やかに獣医師に相談することが勧められます。

副作用の場合、獣医師は愛犬の全体的な健康状態や他の薬剤との相互作用を考慮して、ネクスガードスペクトラの継続使用が適切かどうかを判断します。

また、個々の犬が特定の成分に対してアレルギーや感受性を示す可能性も考慮する必要があります。

ストロングハートチュアブル小型犬用

投与時の注意点:必ず動物病院で感染していないことを確認

ネクスガードスペクトラは、愛犬のフィラリア症の予防に非常に効果的ですが、投与に先立っていくつかの重要な点を考慮する必要があります。

特に重要なのは、愛犬がフィラリア症に感染していないかを動物病院で確認することです。

もし愛犬がフィラリア症に感染している状態でネクスガードスペクトラを投与すると、幼虫が急速に死滅し、重篤な健康障害を引き起こすリスクがあります。これは愛犬の健康に対する危険性が高いため、事前の確認が不可欠です。

また、ネクスガードスペクトラの持続期間にも注目が必要です。この薬剤は1回の投与で約1ヶ月間効果が持続し、ノミやダニ、フィラリア予防を提供します。

これにより、定期的な投与が愛犬の健康維持のカギとなります。

理想的には、毎月1回、獣医師の指導の下で投与を行うことが望ましいです。そうすれば、年間を通してフィラリア予防を継続することが可能です。

特に蚊が活発な季節や地域においては、定期的な予防が特に重要です。

ネクスガードスペクトラを使用する際には、愛犬の体重に合わせた適切な用量を選択することも重要です。獣医師は愛犬の体重や健康状況に基づき、最適な用量を決定します。その指示に従い、正確な投与を心がけましょう。

ネクスガードスペクトラ楽天で買える?おすすめの通販サイト、ジェネリック、副作用などまとめ

ネクスガードスペクトラはノミ、ダニ、フィラリア予防に効果的な愛犬用薬ですが、楽天や他の一般通販サイトでは見つけることはできません。

これは、ペット用医薬品に関する法的な制限によるもので、購入方法としては動物病院での処方や個人輸入が主な選択肢です。

動物病院での購入は信頼性が高く、獣医師の指導に基づく適切な薬の選択ができますが、追加の費用が発生することや時間の制約があります。

対して個人輸入を利用する場合はコストを抑えることができますが、偽物を避けるために信頼できるサイト選びが不可欠です。

この点で、うさパラは高い信頼性を誇り、ネクスガードスペクトラの購入において理想的な選択となります。コストを抑えつつ安全な購入を望む場合、うさパラの利用がおすすめです。

  • ネクスガードスペクトラは愛犬のノミ、ダニ、フィラリア予防に効果的な薬剤。
  • 楽天や他の一般通販サイトでは販売されておらず、動物病院での処方や個人輸入が主な購入方法​​。
  • 動物病院での購入は信頼性が高いが、追加費用や時間的制約がある​​。
  • 個人輸入を利用する場合はコスト削減が可能だが、信頼できるサイト選びが重要​​。
  • うさパラは信頼性の高い個人輸入代行サイトで、ネクスガードスペクトラ購入において理想的な選択​​。
  • ネクスガードスペクトラの有効成分にはアフォキソラネルとミルベマイシンオキシムが含まれている​​。
  • 一部の犬では副作用が見られる可能性があり、持続する症状があれば獣医師に相談が必要​​。
  • フィラリア症予防が重要で、愛犬がフィラリア症に感染していないことを確認が必要​​。
  • ネクスガードスペクトラは1回の投与で約1ヶ月間効果が持続し、定期的な投与が必要​​。
  • 愛犬の体重に合わせた適切な用量を選択することが重要​​。
  • フィラリア症予防は愛犬の生命を守るために極めて重要​​。
  • ネクスガードスペクトラは現在、ジェネリック医薬品が存在しない​​。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次