ネクスガードスペクトラAmazonで安く買う方法はある?通販で買う際の注意点、ジェネリック、副作用など

※本ページはプロモーションが含まれています

愛犬の健康を守るためには、ノミ、マダニ、フィラリアの予防が不可欠です。その中でも、ネクスガードスペクトラは多くの飼い主にとって信頼される選択肢の一つです。

この記事では、ネクスガードスペクトラについて、その購入方法、ジェネリック製品の選択肢、そして副作用について詳しく解説します。

ネクスガードスペクトラはAmazonで安く買えるのか?そして、どのようにして、愛犬の健康を守るかに焦点を当てていきます。また、ネクスガードスペクトラの代替品や、投与時に注意すべき点も紹介し、愛犬の健康管理に役立つ情報を提供しています。

ネクスガードスペクトラの購入を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

ネクスガードスペクトラはアマゾンで安く買える?

Amazonとは

Amazon.com, Inc.は、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルを本拠地とする企業で、インターネットを通じた小売業が主要事業です。

2022年時点で、Amazonはアメリカ国外において、イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、日本、中国、イタリア、スペイン、ブラジル、インド、メキシコ、オーストラリア、オランダ、トルコ、アラブ首長国連邦、シンガポール、サウジアラビア、スウェーデン、ベルギー、ポーランド、エジプトの合計21カ国でサイトを運営しています。これにより、Amazonは世界的な規模での小売サービスを展開しているグローバル企業としての地位を確立しています。

ネクスガードスペクトラは、愛犬のノミやマダニ、フィラリア予防に効果的な薬剤ですが、多くの飼い主が疑問に思うのが、この薬剤をAmazonや他の一般的な通販サイトで購入できるかどうかです。

実は、ネクスガードスペクトラはAmazonや他の通販サイトでは一般的に購入することはできません。その主な理由は、法的な制約により、ペット用医薬品の取り扱いが限られているためです。

動物用医薬品は、人間用のものとは異なり、特定の条件下でのみ販売が認められています。これは、誤った使用や誤った投与量が愛犬の健康に深刻な影響を及ぼす可能性があるため、その販売と使用には細心の注意が払われています。

ネクスガードスペクトラの購入方法としては、主に2つのルートがあります。

一つは動物病院での処方です。獣医師は愛犬の健康状態を診断し、適切な薬剤を処方します。これにより、飼い主は安心して愛犬に適切な薬剤を提供できます。

もう一つの購入方法は、個人輸入です。個人輸入を利用する場合、飼い主は自らインターネットを通じて海外の販売業者から薬剤を購入し、直接自宅に配送してもらいます。

この方法では、獣医師の処方箋は必要ありませんが、適切な用量や使用方法について自己責任で理解し、管理する必要があります。

動物病院は料金が高い理由

動物病院では、基本的には受診をし処方をする事を前提としており、初診の場合は初診料が発生します。

動物病院でネクスガードスペクトラが高い理由は、初診料や検査料といった追加の医療費が発生するからです。これらは予防薬の価格に上乗せされるため、全体的なコストが高くなりがちです。

多くの動物病院では、初診の場合、1,000円~2,000円前後が初診料としてまず発生致します。再診の場合は、初診の半額が目安です。

ネクスガードスペクトラの動物病院価格の目安は以下のようになります。

下記の価格に、毎回診察費用をプラスするので、長い目で見るとコストが高くなってしまいます。

犬の体重ネクスガードスペクトラの平均価格(動物病院)
2~3.5kg2300~2400円前後
3.5~7.5kg2400~2800円前後
7.5~15kg2800~3400円前後
15~30kg3200~3900円前後

動物病院で購入するメリット、デメリット

メリット

動物病院でネクスガードスペクトラを購入する際の最大のメリットは、その信頼性にあります。

獣医師による処方があるため、正確な診断と適切な製品の提供が保証されます。これにより、愛犬に最適な予防薬を安心して選ぶことができるのです。

さらに、獣医師の専門的な知見に基づくアドバイスを受けることができます。愛犬の健康状態や特定のニーズに合わせた予防薬の選択が可能です。

デメリット

動物病院での購入にはいくつかのデメリットも存在します。

最も顕著なデメリットは、追加の費用がかかることです。初診料や検査料といった追加の医療費が発生し、これらは予防薬の価格に上乗せされるため、全体的なコストが高くなりがちです。

具体的には、初診料が1000円から、検査料が2000円からとなることが多く、予防薬1錠あたりの価格が2500円からとなるケースが一般的です。

これにより、1箱(3錠)あたりの総コストが3300円~3500円程度になることも珍しくありません。

また、価格面だけでなく、時間的な制約もデメリットとして挙げられます。

病院への通院には時間が必要であり、忙しいペットの飼い主にとっては、特に時間が取れない場合には不便となる可能性があります。

このため、動物病院での購入は信頼性と専門的なケアを重視する場合に適していますが、コストと時間の面での検討も必要です。

個人輸入の通販購入だと安く買える:動物病院との値段比較

動物病院での購入と個人輸入代行サイトを利用した購入では、コスト面に大きな違いがあります。

動物病院で処方される場合、初診料、検査料、そして予防薬のコストが加算され、1錠あたりの価格が高くなりがちです。

一方、個人輸入代行サイトを利用することで、コスト削減が可能です。

うさパラなどの信頼できるサイトを利用すると、1錠あたりの価格が著しく低くなり、特に複数の錠剤をまとめ買いする場合、さらに割引が適用されることがあります。

この場合、1錠あたりの価格は動物病院のおよそ半額近い価格になることが多く、動物病院で購入するよりもコストを大幅に削減できます。

以下は、動物病院と個人輸入代行サイトでの価格比較表です。

犬の体重(動物病院の平均価格)個人輸入サイト
適応体重:1.8〜3.6kg2300~2400円前後+初診料、検査料1600円~1900円前後
適応体重:3.6〜7.5kg2400~2800円前後+初診料、検査料1700円~2000円前後
適応体重:7.5〜15kg2800~3400円前後+初診料、検査料1800円~2200円前後
適応体重: 15〜30kg3200~3900円前後+初診料、検査料1900円~2400円前後

例えば、1.8〜3.6kg用のネクスガードスペクトラを2年分(24錠)購入した場合、

動物病院だと、2300円~2400円×24 = 55,200円~57,600円+(初診料、検査料×24

個人輸入サイトだと、1600円~1900円×24 = 38,400円~45,600円

どこのサイトで購入するかにもよりますが、年間1万円~2万円ほど違いがあります。

動物病院は、さらに初診料、検査料が追加されますから、長い目で見るとコスト差は歴然です。

この比較から、動物病院での購入は信頼性と専門的アドバイスの面でメリットがありますが、お金の面を考えると、個人輸入サイトも十分な選択肢となってきますね。

ペットの飼い主は、愛犬の健康状態や自身の予算に応じて最適な選択をすることが重要です。

個人輸入で購入可能:メリットと注意点

ネクスガードスペクトラを手に入れる方法として、個人輸入は大変魅力的な選択肢です。

通販で購入するメリットは、動物病院で購入する場合に比べ、、明らかに安価でネクスガードスペクトラを手に入れることが可能です。

たとえば、ペットくすりのような信頼性の高い個人輸入代行サイトを利用した場合、通常、動物病院での購入価格の約半分以下で購入できることが多いです。

これにより、飼い主は予算を大幅に節約しながら、愛犬の健康を守ることができるのです。

しかし、個人輸入にはいくつかの注意点もあります。最も重要なのは、偽物のリスクです。

正規品でない偽物が届く可能性があるため、代行サイト選びには特に慎重になる必要があります。信頼できるサイトであれば、正規品の保証や追跡可能な配送サービスを提供していることがほとんどです。

また、海外からの発送に伴う時間の問題も考慮する必要があります。通常、注文から商品が手元に届くまでには1週間から2週間程度かかることが一般的です。

このため、予防薬が必要になる時期を事前に把握し、余裕を持って注文することが求められます。

個人輸入によるネクスガードスペクトラ購入は、コスト削減と利便性の両方を提供しますが、偽物のリスクと配送時間に注意を払う必要があるという点を念頭に置くことが重要です。

うさパラ:信頼できる個人輸入代行サイト

個人輸入でネクスガードスペクトラ購入する場合、どのサイトで購入するのか?が一番重要になってきます。

この点で、うさパラはペット用医薬品を安価に提供する信頼できる個人輸入代行サービスとして知られています。

2011年から12年以上運営されており、この長い運営歴が、うさパラが信頼できる企業であることをしっかりと証明しています。

うさパラの大きな魅力の一つは、その経済性です。動物病院で処方される薬と比較して、かなりリーズナブルな価格で質の高い薬を手に入れることができます。

また、うさパラは長年にわたりサービスを提供しており、その間、多くのペットの飼い主から信頼を得ています。

偽物が届くような詐欺サイトでは長期間の運営は難しく、うさパラが長く続いていること自体が、その信頼性を物語っています。利用者の口コミやレビューも、サービスの品質を裏付ける重要な要素となっています。

さらに、うさパラは利用者にとって非常に使いやすいサイト構成をしており、必要な薬を簡単に見つけることができます。

もし何か問題が発生した場合には、迅速なカスタマーサポートが提供されている点も大きなメリットです。

これらの点から、うさパラはペットの薬を個人輸入する際の信頼できる選択肢と言えるでしょう。

ネクスガードスペクトラにジェネリックはあるのか?

ネクスガードスペクトラに関連するジェネリック医薬品の存在について、疑問を持つ飼い主の方々が多いことでしょう。

ジェネリック医薬品とは、既存のブランド医薬品の特許期間が満了した後に製造される後発医薬品のことです。

これらはオリジナルのブランド医薬品と同じ成分、品質、安全性、効果を持ちながら、開発コストの削減により低価格で提供される特徴を有します。

しかし、ネクスガードスペクトラに関しては、現時点でジェネリック医薬品は存在しません。

その理由は、ネクスガードスペクトラが2015年12月に市場に導入された比較的新しい薬であり、まだその特許期間内にあるためです。

結果として、ネクスガードスペクトラと同じ成分を持つジェネリック医薬品は現在製造されておらず、市場には出回っていません。

ネクスガードスペクトラのジェネリック医薬品の需要は高いものの、特許期間が終了するまではその登場は期待できません。

そのため、現時点ではオリジナルのネクスガードスペクトラを購入するか、もう少し安い代替品を購入するかの2択になってきます。

ネクスガードスペクトラの代替品とその選び方

ネクスガードスペクトラはペットの健康管理において高い人気を誇りますが、効果とコストを考慮した代替品も存在し、これらは飼い主にとって有益な選択肢を提供しています。

ネクスガードスペクトラの類似製品としては、フィプロフォートプラス、ストロングハートプラス・チュアブル、キウォフハートなどが挙げられます。

これらの製品は、ネクスガードスペクトラと同じように、ノミ、マダニ、さらにフィラリア予防の効果を持ち、ペットの健康を確実にサポートします。

選択の際の主な考慮点は価格と成分の両方です。

フィプロフォートプラスやストロングハートプラス・チュアブルは、ネクスガードスペクトラに比べてコストパフォーマンスが高く、予算が限られた飼い主にとって有利な選択肢となります。これらの製品は費用を抑えつつ、必要な予防効果を提供します。

一方で、キウォフハートは成分に特色があり、特定の寄生虫に対する効果が特に顕著です。

代替品を選ぶ際は、愛犬の健康状態や特有のニーズに合わせて適切な製品を選ぶことが肝心です。

愛犬が何かアレルギーや特定の健康問題を有している場合は、成分を確認し、獣医師の助言を得ながら最善の製品を選択することが推奨されます。

これらの代替品は獣医師の処方箋なしにオンラインで容易に入手できるため、時間に制約がある飼い主にとっても便利です。

ネクスガードスペクトラの代替品を選ぶことにより、ペットの健康を維持しながら家計にやさしい選択をすることができます。

ネクスガードスペクトラの代替品ならぺっとくすりがおすすめ

ネクスガードスペクトラの代替品を探している飼い主にとって「ぺっとくすり」は安心できる個人輸入サイトです。

ぺっとくすりは、さまざまなペット用医薬品を扱う信頼できるオンラインストアであり、ネクスガードスペクトラの代替品として、フィプロフォートプラス、ストロングハートプラス・チュアブル、キウォフハートなどの幅広い製品ラインナップを取り揃えています。

ぺっとくすりを利用するメリットの一つは、価格面にあります。

多くの場合、これらの代替品はネクスガードスペクトラよりもコストパフォーマンスが高いため、予算に応じた最適な製品を選択することが可能です。

また、オンラインでの購入は簡単であり、直接自宅に配送されるため、飼い主の利便性も向上します。

ぺっとくすりは、飼い主が愛犬に最適なケアを提供できるよう、幅広い選択肢と詳細な製品情報を提供することで、このプロセスをサポートしています。

コスト面を重視するのであれば、ネクスガードスペクトラの代替品が安く買えるぺっとくすりは選択肢の一つになると思います。

フィプロフォートプラス 728 × 90

ネクスガードスペクトラについて

  • ネクスガードスペクトラの有効成分と副作用
  • ネクスガードスペクトラの安全性
  • 投薬後のシャンプーケア
  • 年間通しての投薬がおすすめの理由
  • ネクスガードスペクトラの副作用
  • 投与時の注意点

ネクスガードスペクトラの有効成分と副作用

ネクスガードスペクトラは、愛犬のノミ、マダニ、フィラリア予防に広く使用される薬です。

この薬の主要な有効成分は、アフォキソラネルとミルベマイシンオキシムです。アフォキソラネルは特にノミとマダニの駆除に効果を発揮し、その作用は投与後すぐに始まります。ノミに対しては投与後約30分から効果が見られ、マダニに対しては24時間以内に駆除することが可能です。

一方、ミルベマイシンオキシムはフィラリア予防に加え、回虫、鉤虫、鞭虫などの内部寄生虫にも効果を示します。

これらの成分のおかげで、ネクスガードスペクトラは寄生虫の駆除に非常に効果的ですが、副作用の可能性もゼロではありません。

一部の犬では、下痢や食欲減退、無気力状態といった副作用が報告されています。

これらの副作用は一般的には軽度であり、一過性のものが多いですが、もし症状が持続する場合は、速やかに獣医師の診断を受けることが重要です。

ネクスガードスペクトラの使用を検討している飼い主は、愛犬の健康状態とこれらの副作用のリスクを照らし合わせて判断することが大切です。

また、何らかの症状が見られた場合は、すぐに獣医師の助言を求めることが望ましいでしょう。

ネクスガードスペクトラは多くの犬にとって安全な選択肢でありますが、個々の犬の健康状態や特性によっては、別の治療法が適切な場合もあります。

ネクスガードスペクトラの安全性:アフォキソラネルの毒性と安全性

ネクスガードスペクトラは、愛犬の健康を守るための効果的な予防薬ですが、その安全性について飼い主の間でしばしば疑問が持たれます。

この予防薬の主要成分であるアフォキソラネルは、ノミやマダニに対する強力な殺滅作用を持ちながら、犬に対する毒性は非常に低いことが知られています。

この低毒性により、アフォキソラネルは犬の健康を守る上で、非常に安全な選択肢として位置づけられています。

アフォキソラネルの作用機序は、寄生虫の神経系に影響を与えることによって、その活動を効果的に阻害します。

この成分はノミやマダニの成虫だけでなく、その幼虫にも効果があり、これにより寄生虫のライフサイクルを効果的に断ち切ることができます。

また、フィラリア予防にも効果を発揮し、愛犬の健康を多方面から守ります。

獣医学的研究によると、アフォキソラネルは犬に対して高い安全性を持ち、適切な用量で使用する限り、重篤な健康リスクをもたらすことは少ないとされています。

ただし、犬の個体差や既存の健康状態によっては、まれに副作用が生じる可能性があるため、ネクスガードスペクトラを使用する際は、獣医師の指示に従うことが重要です。

また、アフォキソラネルに敏感な犬種や、既にある健康問題を持つ犬には、他の予防薬の選択が推奨される場合もあります。

ネクスガードスペクトラを選ぶ際は、愛犬の種類、体重、健康状態を考慮に入れ、適切な用量を選択することが不可欠です。

このようにして、アフォキソラネルを含むネクスガードスペクトラは、愛犬の健康を守るための安全で効果的な選択肢として信頼されています。

痛みを伴わない投薬:シャンプー後のケアについて

ネクスガードスペクトラは投与後すぐにシャンプーが可能です。

従来のノミ・マダニ対策薬の中には、薬の成分が全身に行き渡るまでに時間が必要で、その間シャンプーを避ける必要があるものもありました。

しかし、ネクスガードスペクトラを使用する場合、このような制約はありません。このため、愛犬の清潔を保ちながら、寄生虫予防薬の効果も確実に得ることができるのです。

飼い主としての負担も軽減されることは大きな利点です。

痛みを伴う治療は、愛犬だけでなく飼い主にとってもストレスの原因となります。ネクスガードスペクトラは、これらのストレスを軽減し、愛犬との生活をより快適にします。

愛犬の健康管理において、効果的かつストレスフリーな方法を求める飼い主にとって、ネクスガードスペクトラは理想的な選択肢の一つと言えるでしょう。

キウォフハート 728 × 90

ネクスガードスペクトラは年間通しての投薬がおすすめ

ネクスガードスペクトラは、愛犬の健康を保護するために、年間を通じて定期的に投与することが推奨されています。これは、地球温暖化の影響により、従来よりも蚊の活動期間が長くなっている現実に基づいています。

かつては、蚊が主に夏の間に活動すると考えられていましたが、近年では冬季でも蚊が活動し続けるケースが増加しています。

この変化は、愛犬の健康に対するリスクを高めており、特にフィラリア症などの蚊媒介疾患に対する予防の重要性を高めています。

加えて、熱帯地域からの船便コンテナや飛行機で運ばれる荷物を通じて、蚊が国際的に移動することもあります。

これにより、従来は蚊の発生が少なかった地域でも、冬季に蚊に刺される可能性が存在するようになっています。

これらの理由から、ネクスガードスペクトラの年間を通じた投薬は、愛犬のノミ、マダニ、フィラリア予防において非常に重要です。

特にフィラリア予防においては、蚊が活動している限り、愛犬をフィラリア症から守るために定期的な予防が必要です。

愛犬の健康を守るためには、これらの季節的な変動を考慮し、獣医師の指導のもとで年間を通じてネクスガードスペクトラを投与することが、最も効果的な対策と言えるでしょう。

愛犬の健康を守るために、飼い主はこれらの新たなリスクに対応するための対策を講じることが求められます。

フィラリア症予防:なぜ重要なのか

フィラリア症は愛犬の健康にとって深刻な脅威です。この病気は、蚊によって伝えられるフィラリアの幼虫が心臓の弁に絡まり、血管を詰まらせることで起こります。

この状態が進行すると、心不全や最悪の場合、死亡に至るリスクがあります。特に蚊の活動が盛んな地域や季節においては、フィラリア症の予防が愛犬の健康を守る上で非常に重要になります。

ネクスガードスペクトラの副作用

ネクスガードスペクトラは、ノミ、マダニ、フィラリア予防に広く用いられる薬剤ですが、その安全性と副作用について理解することは飼い主にとって非常に重要です。

この薬に含まれる主要成分であるアフォキソラネルとミルベマイシンオキシムは、一般的に副作用が少なく、安全性が高いと評価されています。

しかし、全ての薬剤には副作用のリスクが伴うため、ネクスガードスペクトラの使用に際しては注意が必要です。

ネクスガードスペクトラを投与した後に見られる可能性のある副作用には、下痢、食欲減退、無気力状態などがあります。

これらの症状は通常、一過性であり、薬剤の投与後しばらくすると自然と解消されることが多いです。

しかし、これらの症状が長引く場合や、愛犬の様子に異変を感じた場合は、直ちに獣医師の診断を受けることが推奨されます。

特に、副作用が現れた場合の獣医師の役割は重要です。

獣医師は、愛犬の全体的な健康状態やその他の薬剤との相互作用を考慮し、ネクスガードスペクトラの継続的な使用が適切かどうかを判断します。

また、愛犬によっては特定の成分に対するアレルギーや感受性が異なるため、副作用が発現した際には、他の予防薬への変更を検討することもあります。

投与時の注意点:必ず動物病院で感染していないことを確認

ネクスガードスペクトラは愛犬のフィラリア症予防に効果的ですが、投与前にはいくつかの重要な注意点があります。最も重要なのは、愛犬がフィラリア症に感染していないことを動物病院で確認することです。

フィラリア症に感染している状態でネクスガードスペクトラを投与すると、ミクロフィラリア(フィラリアの幼虫)が血管内で急激に死滅し、アナフィラキシーショックや急性の血管閉塞を引き起こすリスクがあります。

これは愛犬の健康に重大な悪影響を及ぼす可能性があるため、事前の確認が絶対に必要です。

ネクスガードスペクトラのもう一つの重要な特徴は、その持続期間です。

この薬剤は1回の投与で約1カ月間、ノミ、マダニ、フィラリアに対する予防効果を発揮します。したがって、定期的な投与が愛犬の健康を守る鍵となります。

理想的には、1カ月ごとに獣医師の指導のもとで投与を行うことが推奨され、これにより年間を通じてフィラリア症の予防が可能になります。

特に蚊の活動が盛んな季節や地域では、定期的な予防が特に重要です。

ネクスガードスペクトラを投与する際は、愛犬の体重に合わせた適切な用量を使用することも大切です。

獣医師は愛犬の体重や健康状態に基づいて最適な用量を決定し、その指示に従って投与しましょう。

ネクスガードスペクトラAmazonで買える?おすすめの通販サイト、ジェネリック、副作用などまとめ

ネクスガードスペクトラは愛犬の健康を守るための重要な薬剤であり、ノミ、マダニ、フィラリア予防に広く使用されています。

しかし、Amazonや他の一般通販サイトでは販売されておらず、法的な制約によりペット用医薬品の取り扱いが限られています。そのため、ネクスガードスペクトラの購入方法としては、動物病院での処方または個人輸入が主なルートとなります。

動物病院での購入は、信頼性が高く、獣医師による適切な製品の提供が保証される点が最大のメリットです。しかし、追加費用や時間的制約がデメリットとして挙げられます。

一方、個人輸入を利用すれば、コストを抑えて購入可能ですが、偽物のリスクがあり、信頼できるサイト選びが重要になります。

この点で、うさパラは信頼性が高いので、コストを重視するのであれば、ネクスガードスペクトラの通販の購入は、うさパラがおすすめです。

ストロングハートチュアブル小型犬用
  • ネクスガードスペクトラは愛犬のノミ、マダニ、フィラリア予防に効果的
  • Amazonや他の一般通販サイトでは販売不可、法的制約によりペット用医薬品の取り扱いが限定されている
  • 購入方法は動物病院での処方か個人輸入の二つが主
  • 動物病院での購入は信頼性が高く、獣医師による適切な製品の提供が保証される
  • 動物病院での購入のデメリットは追加費用がかかること、時間的制約も問題となる場合がある
  • 個人輸入代行サイトを利用すれば、動物病院よりも安く購入可能
  • 個人輸入では偽物のリスクがあるため、信頼できるサイト選びが重要
  • うさパラは信頼性の高い個人輸入代行サイトの一つで、リーズナブルな価格で質の高い薬を提供
  • ネクスガードスペクトラの代替品にはフィプロフォートプラスなどがあり、価格と成分を考慮して選択が可能
  • ネクスガードスペクトラの主要成分アフォキソラネルは犬に対する毒性が低く、寄生虫に対して強力な殺滅作用を持つ
  • 投与後すぐにシャンプーが可能で、飼い主と愛犬のストレスを軽減
  • 年間を通じての投薬が推奨される、特に蚊媒介疾患に対する予防の重要性が高い​​。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次