Kindle Unlimiteの30日間無料体験の登録方法と解約方法をくわしく解説!特徴や料金、メリットとデメリット、登録方法、他社との比較など

※本ページはプロモーションが含まれています

読書を愛する方々にとって、定額で様々な本を楽しめる電子書籍サービスは、日々の読書ライフを豊かにする魅力的な選択肢です。

その中でも、Amazonが提供する「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」は、コミック、小説、雑誌、ビジネス書、実用書など、多岐にわたるジャンルの本を取り揃えており、読書愛好家の間で高い人気を誇っています。

Kindle Unlimitedでは初めて利用する方限定で、30日間無料体験を実施しています。この無料体験中は、機能制限なくすべての無料対象作品が読み放題となります。

また、この無料体験だけ利用して、月額980円の費用が発生する前に退会するのも公式に認められていますので、解約費用や違約金は一切必要ありません。

この記事では、Kindle Unlimitedの無料体験の登録方法と解約方法について詳しく解説しています。

解約については、自動更新オフ機能を利用すれば、自動で大会処理できるので、「解約できるかどうか心配」という人は安心できると思います。

他にも、実際にKindle Unlimitedを利用している方々の評判や口コミも紹介しており、読者がこのサービスを利用する際の具体的なイメージを持てるように工夫されています。

この記事はKindle Unlimitedの全体像を把握し、30日無料期間終了後に、継続利用するかどうかを判断するのに大いに役立つ内容となっています。

この情報を参考にして、Kindle Unlimitedをお得に利用し、読書の楽しみをさらに広げていただければ幸いです。

目次

Kindle Unlimitedの30日無料体験で電子書籍が読み放題!

今なら、200万冊以上の電子書籍が読み放題で楽しめるサービスアマゾンの【Kindle Unlimited】を30日間無料で体験できます。

あなたの興味を持っている本もたくさんあります。

アマゾン会員であれば、初回30日間無料で利用することが可能。もちろん、無料期間中だけ利用して退会したとしても、違約金等一切費用は掛かりません。

Kindle端末が無くても、今使っているスマートフォン、タブレット、PCやMacでも簡単に利用することができます。

無料体験中だからといって、読み放題対象作品の制限もなく、有料会員と同様にすべての機能が利用可能。

現在、期間限定(~12月1日まで)で3か月99円で利用できるので、缶コーヒー1本分以下の料金で、普段なかなか手に取れない数千円、数万円するような本をタダで読むことも可能です。

漫画やラノベの配信数は少ないですが、小説やビジネス書、実用書などは豊富に配信されているため、これらの電子書籍を読みたい方にはおすすめのサービスになっています。

アマゾンは、大手の信用できる企業ですので、個人情報の漏洩やウィルス感染の心配も必要なし。興味がある本を何冊でも無料で読むことができます。

Kindle Unlimitedの無料体験 登録方法

Kindle Unlimitedの無料お試しの登録方法の手順は以下の通りです。初めての方にもわかりやすく画像解説していますので、安心してくださいね。

・Kindle Unlimitedは、アプリから登録できないため、必ず端末のブラウザから登録を行うよう注意しましょう。

・Kindle Unlimitedの無料トライアルを利用するには、Amazon会員である必要がありますので、もし無ければ、事前にAmazonアカウントを作成しておきましょう。

STEP
トップページにアクセス

まず、下記のKindle Unlimitedトップページにアクセスします。

STEP
30日間の無料体験を始める

トップページ「30日間の無料体験を始める」をクリックします。

STEP
Amazonにログインする

アカウント情報を入力してログインしましょう。

※Kindle Unlimitedの無料トライアルを利用するには、Amazon会員である必要がありますので、もし無ければ、事前にAmazonアカウントを作成しておきましょう。

STEP
支払方法を選択する

支払いに使う請求先クレジットカードの登録を行います。

※Kindle Unlimitedのお支払いはクレジットカード or デビットカードのみとなっています。


STEP
登録完了

「Kindle Unlimited へようこそ!」の画面が表示されれば、30日間の無料体験がスタートします。

Kindle Unlimited無料体験の解約方法

Kindle Unlimitedの無料体験の解約方法を解説していきます。

とりあえず、無料体験だけ利用したい場合は、すぐに自動更新オフ設定をすることをお勧めします。

自動更新オフの設定は、期間終了後に自動で退会する設定のことです。無料体験中に「自動更新オフ」の設定にしておけば、「解約し忘れて、料金支払いが発生した」といったことが無くなるので、安心です。

自動更新オフの設定をしても、残り期間が終了するまでKindle Unlimitedは利用できるので、損することはありません。

ここから、自動更新オフの設定について、画像付きで解説していきます。

STEP
アカウントサービスにアクセス

画面右上のログインをクリック→アカウントサービス内の「メンバーシップおよび購読」をクリックします。

STEP
Kindle Unlimitedの設定をクリック

Kindle Unlimitedの設定をクリックをクリックします。

STEP
会員登録をキャンセル

クリックしたら一番下の「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」をクリックします。

STEP
メンバーシップ解約するをクリック

再度確認画面が出てきますので、「メンバーシップを解約する」をクリックします。

STEP
無料体験の解約が完了

上記の「ありがとうございました!お客様の会員資格が解約されました。」の画面が出ると、解約完了です。解約が完了しても、残り期間が終了するまではKindle Unlimitedのサービスは利用できます。

Kindle Unlimitedの特徴

Kindle Unlimitedの利用は非常に簡単です。Amazonアカウントを持っていれば、WebサイトやKindleデバイス、スマートフォンやタブレットのKindleアプリからサービスにアクセスし、好きな本を選んで読み始めることができます。

また、ダウンロード機能を利用してオフラインで読書を楽しむことも可能です。基本情報をまとめると以下の通りになります。

無料お試し期間30日間
月額料金980円(税込み)
支払方法クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
Paidy翌月払い
携帯キャリア決済
読み放題冊数200万冊以上
読み放題ジャンル小説
漫画
ラノベ
雑誌
ビジネス書
趣味の本や実用書
洋書
絵本・児童書
資格や語学
音楽・医学・ITなどの専門書
同時ダウンロード冊数最大20冊
端末の最大利用数(上限)最大6台
対応デバイスPC
スマホ
タブレット
Kindle端末

支払方法について

Kindle Unlimiteの支払い方法は、以下の5つとなっています。コンビニ払いなどの支払い方法には対応していないため、注意しましょう。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • Paidy翌月払い
  • 携帯キャリア決済

読み放題で強いジャンルは小説や実用書、ビジネス書など

Kindle Unlimitedは、特に小説、実用書、ビジネス書のジャンルにおいて、その豊富な配信数が際立つ電子書籍サービスです。

このサービスは、特に技術書や専門書に強みを持っており、他の電子書籍サービスでは手に入らないような専門的なコンテンツも多数取り揃えています。

これは、Amazonの広範な書籍ネットワークと直接的な関連があり、読者にとっては特定の分野に深くダイブする絶好の機会を提供しています。

一方で、漫画やライトノベルのジャンルにおいては、配信されている作品数が比較的少ないという特徴があります。しかし、Kindle Unlimitedの真価は、その多様性にあります。

漫画、小説、雑誌、実用書、ライトノベルなど、幅広いジャンルをカバーしており、Amazonの本販売のバックグラウンドが、多岐にわたるジャンルの網羅に寄与しています。

その結果、無料のお試し期間だけでは読み切れないほどの膨大な書籍が利用者を待っています。

また、Kindle Unlimitedのもう一つの特徴は、洋書の取り扱いです。他の読み放題サービスと比較して、Kindle Unlimitedでは幅広い洋書を読むことが可能です。

これは、英語圏の書籍に興味がある読者にとっては大きな魅力となります。

さらに、実用書のジャンルにおいてもKindle Unlimitedは優れています。一般的に実用書は、小説や漫画に比べて1冊あたりの価格が高い傾向にありますが、Kindle Unlimitedではこれらの高価な実用書も読み放題の対象となっているため、読者にとっては非常に経済的な選択肢となります。

このように、Kindle Unlimitedはその多様なジャンルの取り扱いと、特に専門書や実用書における強みを持つサービスとして、多くの読書愛好家にとって魅力的な選択肢となっています。

ダウンロード数は最大20冊

Kindle Unlimitedでは、利用者が一度にダウンロードできる書籍の数が最大20冊までとなっています。

以前は最大10冊までのダウンロードに限定されていましたが、利用者の利便性を考慮し、ダウンロード可能な冊数が拡大されました。

この変更により、読者はより多くの作品をオフラインで楽しむことができるようになり、特に長期の旅行や通勤、通学など、インターネット接続が不安定な環境下でも、幅広い選択肢の中から好きな本を選んで読むことが可能になりました。

端末の最大利用数は6台まで

Kindle Unlimitedでは、一つのアカウントで最大6台の端末まで利用することができます。

つまり、1人がキンドルアンリミテッドを利用している間は、最大家族6人がサービスを利用することができます。

このため、複数の家族が同一アカウントを共有してKindle Unlimitedを利用している場合、端末数の制限に注意が必要です。

例えば、家族それぞれが異なる端末で同じアカウントを使用している場合、6台目の端末を超えると、新たに電子書籍をダウンロードすることができなくなります。

このような状況を避けるためには、利用する端末の数を把握し、6台を超えないように管理することが重要です。

この制限を理解し適切に管理することで、家族全員がスムーズにKindle Unlimitedを楽しむことができます。

PCやスマホ、タブレットや他Kindle端末でも利用可

Kindle Unlimitedは、多様なデバイスでの利用に対応しており、PC、スマートフォン、タブレットだけでなく、専用のKindle端末にも対応しています。

Kindle端末は、長時間の読書に最適化されており、目の疲れを軽減する設計が施されています。そのため、読書を深く、長く楽しむことを好む方には特におすすめです。

例えば、Kindle端末の画面は、直射日光の下でも反射を抑え、クリアな表示を保つことができます。また、バックライトの調整機能により、夜間でも目に優しい読書環境を提供します。

これらの特徴により、Kindle端末は読書愛好家にとって、快適な読書体験を実現する重要なツールとなっています。

さらに、Kindle Unlimitedの豊富なコンテンツと組み合わせることで、どこでも、いつでも、好きなだけ読書を楽しむことが可能です。

対応しているKindle端末一覧

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Paperwhite シグニチャー エディション
  • Kindle Oasis
  • Kindle キッズモデル
  • Kindle Paperwhite キッズモデル

Kindle Unlimitedのメリット

無料お試し期間がある

Kindle Unlimitedでは、新規ユーザーに向けて特別なお試し体験を提供しています。具体的には、30日間の無料お試し期間が設定されており、この期間中はサービスを追加料金なしで存分に利用することができます。

この無料期間を利用することで、利用者は自分の読書スタイルや好みにKindle Unlimitedがどの程度適合するかをじっくりと評価することが可能です。

特に、ビジネス書や専門書など、通常は高価な本を読む機会としても非常に有効です。

例えば、通常価格が数千円するような専門書を一冊読むだけでも、Kindle Unlimitedの月額料金980円(税込)の価値を十分に感じることができるでしょう。

この無料お試し期間を活用して、Kindle Unlimitedの豊富なコンテンツと利便性を体験し、自分にとっての価値を見極めることが重要です。

必要だと思えば継続すればいいですし、いらないと思えば、解約すれば1円の料金も発生しません。どちらにしても、無料お試しを利用することであなたにリスクはありません。

場所を取らない

電子書籍の最大の魅力の一つは、その省スペース性にあります。特にKindle Unlimitedのような電子書籍サービスを利用することで、物理的な本の保管に関する問題を解決できます。

紙の本は、その実体が存在するため、特にコレクションが増えると、相当な収納スペースを必要とします。

例えば、5,000冊以上の漫画を所有していると、リビングに複数の大きな本棚を設置するだけでなく、部屋や廊下にまで本棚を置く必要が出てくるかもしれません。

しかし、電子書籍を利用することで、これらの問題は一気に解消されます。物理的なスペースをほとんど必要とせず、何千冊もの書籍を一つのデバイスに保存することが可能です。

これにより、部屋が広々と使えるようになり、生活空間をより快適に、効率的に活用できるようになります。

また、電子書籍はいつでもどこでもアクセス可能なため、外出先でも気軽に多くの書籍を楽しむことができます。

これらの点から、電子書籍は特に本を多く読む方や限られたスペースで生活している方にとって、非常に便利な選択肢と言えるでしょう。

読み放題対象ジャンルが多い

Kindle Unlimitedは、その多様なジャンルの書籍が読み放題であることが大きな魅力です。

このサービスでは、小説、漫画、ライトノベル、雑誌、ビジネス書、趣味の本など、幅広いジャンルの作品が揃っており、読者は自分の興味や好みに合わせて様々な新しい作品や分野を探求することができます。

また、定期的に新作や人気作が追加されるため、読書体験は常に新鮮なものとなります。月額980円(税込)で利用できるため、多読するほど経済的なメリットも大きいのです。

Kindle Unlimitedは、特に専門的な内容の本に強みを持っています。

例えば、写真やカメラに関する書籍、音楽の理論、美術技法、プログラミング、映像制作など、特定の分野に深く切り込んだ書籍が豊富に揃っています。

これらの専門書は、特定の趣味や職業に関心がある人々にとって、知識を深めるのに最適な資源となります。

また、Kindle Unlimitedの対象となるタイトルの中には、非常に高価な本や専門書も含まれています。最も高価なタイトルの一つは20,000円相当の本もありました。

このように、Kindle Unlimitedは話題の新作や人気の本、時を超えて読み継がれる名作など、質の高いラインナップを提供しています。

これらの要素が組み合わさることで、Kindle Unlimitedは多様な読者のニーズに応える、魅力的な読み放題サービスとなっています。

旅行や通勤時にオフラインで読める


Kindle Unlimitedは、移動中や旅行中の読書に最適なサービスです。

このサービスの特徴の一つは、スマートフォンやタブレットに本をダウンロードしておくことで、インターネット接続がない場所でも読書を楽しむことができる点にあります。

こういった機能があることで、通勤や通学時の電車内、飛行機での長時間のフライト、または山間部や海辺などのオフライン環境でも、読書を続けることができるわけです。

特に、忙しい日常生活の中で読書の時間を確保するのが難しい方にとって、通勤や通学の隙間時間は貴重です。

Kindle Unlimitedを利用することで、これらの短い時間を有効活用し、日々の移動時間を充実した読書時間に変えることができます。

また、旅行中に新しい本を探す手間を省き、事前にダウンロードしておいた本を読むことで、荷物も軽減され、より快適な旅行体験が実現します。

アマゾンKindle Unlimitedは、200万冊以上の電子書籍が読み放題で楽しめるサービスです。Kindle端末が無くても、今使っているスマートフォン、タブレット、PCやMacでも簡単に利用することができます。

アマゾン会員であれば、初回30日間無料で利用することが可能。もちろん、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また現在、期間限定(~12月1日まで)で3か月99円で利用できるので、缶コーヒー1本分以下の料金で、普段なかなか手に取れない数千円、数万円するような本をタダで読むことも可能です。

漫画やラノベの配信数は少ないですが、小説やビジネス書、実用書などは豊富に配信されているため、これらの電子書籍を読みたい方にはおすすめのサービスになっています。

アマゾンは、大手の信用できる企業ですので、個人情報の漏洩やウィルス感染の心配も必要なし。

Kindle Unlimitedのデメリット

漫画やラノベは途中までしか読めない場合が多い

Kindle Unlimitedを利用する際、漫画やライトノベル(ラノベ)のジャンルに特有の注意点があります。

これらのジャンルでは、配信されている作品の数が他のジャンルに比べて少なめであることが多く、また、提供されている作品も全巻が読み放題とは限らないため、途中までしか読めない場合があります。

このため、特に漫画やライトノベルを主に読む方は、Kindle Unlimited以外のサービスも検討することをお勧めします。

また、漫画に関しては、全巻が無料で読めるサービスは非常に限られています。

そのため、漫画の読み放題サービスを選ぶ際には、どの巻までが読み放題であるか、またどのような作品が含まれているかを事前に確認することが重要です。

読み放題対象本が予告なしで、入れ替わる

https://twitter.com/midorenjah/status/1451429410905595907?s=20

Kindle Unlimitedの読み放題対象となる書籍のラインナップは、予告なしに変更されることがあります。これは、昨日まで読み放題で利用できた本が、今日には通常購入しなければ読めないといった状況を生むことがあるということです。

このような突然の変更は、読者にとって予期せぬ事態となり得ます。そのため、読み放題の対象となっている気になる本がある場合は、できるだけ早めに読むことをお勧めします。

読み放題の対象から外れた書籍は、その後通常の購入が必要となります。

このため、読書計画を立てる際には、読みたい書籍が現在読み放題の対象であるかどうかを確認し、その状況が変わる可能性を考慮に入れることが重要です。

本の検索がしにくい

Kindle Unlimitedにおける本の検索の難しさは、利用者からのフィードバックとしてしばしば挙げられる課題の一つです。

多くのユーザーが、サービスの品質自体には高い評価を与えているものの、目的の書籍を見つける過程がやや困難であると感じています。

この問題は、Kindle Unlimitedが提供する膨大な書籍の量が原因であると考えられます。そのため、サービスを最大限に活用するためには、効率的な検索方法を習得することが重要です。

Kindle Unlimitedの利用を検討している方には、まず無料のお試し期間を利用して、サービスとの相性を確認することをお勧めします。

この期間を利用して、検索機能の使い方や、目当てのジャンルや著者を見つけるコツを学ぶことができます。

Kindle Unlimitedはこういう人におすすめ

Kindle Unlimitedは、読書を日常の一部として楽しむ方々に特におすすめのサービスです。以下のような方々にとって、このサービスは特に魅力的でしょう。

頻繁に本を読む人へ

頻繁に多様な本を読む方にとって、Kindle Unlimitedは理想的な選択肢です。

月額980円(税込)の定額料金で、幅広いジャンルの書籍が読み放題になるため、多読するほど経済的なメリットが大きくなります。

また、新しいジャンルや作家に気軽に挑戦できるため、読書の幅を広げたい方にも最適です。読書好きな方が、新たな発見や知識を得るための豊富な資源として活用できます。

特定のジャンルを深く掘り下げたい人

特定の分野やジャンルに特化して深く学びたい方にも、Kindle Unlimitedは強い味方です。

ビジネス書、自己啓発書、専門的な学術書など、特定の分野に関する豊富な書籍が揃っています。これにより、趣味や専門知識の深化、キャリアアップのための学習など、目的に応じた読書が可能になります。

特に、専門的な分野の書籍は一冊あたりの価格が高いことが多いため、Kindle Unlimitedを利用することで、大幅なコスト削減にもつながります。

長期間の読書を楽しみたい人

長期間にわたって様々な書籍を読みたい方にとっても、Kindle Unlimitedは魅力的な選択です。

一度に多くの本を購入する必要がなく、新しい本や興味のある分野の書籍に気軽に手を伸ばすことができます。また、読書のペースや好みに合わせて、自由に本を選び、読むことができるため、長期的な読書計画にも柔軟に対応できます。

読書をライフスタイルの一部として取り入れたい方にとって、Kindle Unlimitedは理想的なサービスと言えるでしょう。

Kindle Unlimitedに関するよくある質問

Kindle Unlimitedの解約料金はかかる?

初回お試し期間中に解約しても違約金などが発生することはありませんので、リスクはありません。

Kindle Unlimited利用時のプライム特典はあるのか?

Kindle UnlimitedとAmazonプライムは別々のサービスのため、特に特典はありません。

海外でも使える?

アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ブラジル、メキシコ、カナダ、インド、中国、それぞれの国でKindle Unlimitedの登録が可能です。

日本国内のKindle Unlimitedを利用したい場合は、コンテンツと端末の管理の設定から居住先を日本に設定し、好みのショッピングサイトを日本に設定することで利用できます。

オフラインでも使える?

事前に利用端末にダウンロードしておけば、いつでもオフラインで利用可能です。

Kindle Unlimitedと他のサービスとの比較

  • dマガジンと比較
  • コミックシーモアと比較
  • ブック放題と比較
  • ブックパスと比較

Kindle Unlimitedとdマガジンとの比較

サービス名Kindle Unlimiteddマガジン
無料期間30日31日
月額料金980円(税込)440円(税込)
読み放題冊数漫画56,000冊以上
(都度購入が前提)
雑誌以外なし
雑誌数250誌以上1,200誌以上
その他小説、実用書、ライトノベルなどなし

Kindle Unlimitedとdマガジンを比較する際、重要なのは雑誌読み放題の部分です。

dマガジンは雑誌専門の読み放題サービスであり、その豊富なラインナップと手頃な価格設定が大きな魅力です。雑誌のみを重視する方にとって、dマガジンはコストパフォーマンスに優れた選択肢と言えるでしょう。

一方、Kindle Unlimitedは月額980円と少し高めですが、その範囲の広さと内容の充実度は高い満足度を提供します。

Amazonプライムとは別料金ではありますが、一般書籍、マンガ、雑誌など、幅広いジャンルの本を読むことができます。

これはKindle Unlimitedの大きな強みであり、雑誌に特化したサービスと比べても、多様な読書ニーズに応えることができる点が特徴です。

加えて、Kindle Unlimitedは1カ月単位での契約が可能で、使用しない期間は解約することもできます。この柔軟性は、読書の習慣や好みに合わせてサービスを利用できるという点で利用者にとって魅力的です。

結論として、雑誌のみを重視する場合はdマガジンが、雑誌以外のジャンルも含めて幅広く読みたい場合はKindle Unlimitedが適しています。

Kindle Unlimitedでは、dマガジンでは読めない雑誌記事も楽しむことができる点も見逃せませんが、検索のしにくさや雑誌の種類の少なさなどのデメリットも存在します。

どちらのサービスを選ぶか迷っている方は、無料のお試し期間を利用して、それぞれのサービスの使用感を確かめてみるのが良いでしょう。

Kindle Unlimitedとコミックシーモアとの比較

サービス名Kindle Unlimitedコミックシーモア
無料期間30日7日
月額料金980円(税込)ライト780円(税込)
フル1,480円(税込)
読み放題冊数漫画56,000冊以上
(都度購入が前提)
ライト60,000冊以上
フル135,000冊以上
雑誌数250誌以上ライト・フル共に
300誌以上
その他小説、実用書、ライトノベルなど小説、実用書、写真集など

Kindle Unlimitedとコミックシーモアを比較する際、それぞれのサービスが持つジャンルの強みに注目することが重要です。

コミックシーモアは、特に漫画に強みを持つサービスで、読み放題ライトとフルの二つのプランがあります。読み放題ライトでは漫画の読み放題量が多く、フルではBLやTLなど女性向けの本の数が増えます。

漫画や女性向けジャンルを中心に読書を楽しみたい方には、コミックシーモアが適していると言えるでしょう。また、ハーレクイン作品など女性に人気のジャンルも充実しています。

一方、Kindleストアは、ビジネス書や専門書など幅広いジャンルの本を取り扱っており、紙の本も含めた多様な読書ニーズに応えることができます。

Amazonの通販を利用している方や、Kindle端末での読書を好む方には特におすすめです。読み放題サービスも利用可能で、幅広いジャンルの本を安価に楽しむことができます。

コミックシーモアは、特にアダルトやBL作品を多く取り扱っており、セールやクーポンを活用して漫画を安く購入したい方、漫画のレンタルや読み放題サービスを利用したい方に適しています。

クーポンや高還元のポイント制度があり、作品の探しやすさや新しい出会いへの配慮も優れています。無料漫画の取り扱いも豊富で、特に漫画好きには魅力的なサービスです。

Kindleは洋書も豊富で、Amazonサービスの一環として漫画原作のアニメも楽しめるなど、総合的な読書体験を提供します。

しかし、専用リーダーがない、漫画以外の作品が少ないなどの点ではコミックシーモアに劣る面もあります。

結論として、専用リーダーを求め、一つのサービスで幅広いジャンルの読書体験を完結させたい方にはKindleが、漫画を中心に読書を楽しみたい、または安価に購入したい方にはコミックシーモアがおすすめです。

どちらのサービスを選ぶか迷っている方は、無料のお試し期間を利用して、それぞれのサービスの使用感を確かめてみるのが良いでしょう。

Kindle Unlimitedとブック放題との比較

サービス名Kindle Unlimitedブック放題
無料期間30日30日
月額料金980円(税込)550円(税込)
読み放題冊数漫画56,000冊以上
(都度購入が前提)
漫画50,000冊以上
(全巻読み放題)
雑誌数250誌以上800誌以上
その他小説、実用書、ライトノベルなどなし

ブック放題は、漫画や雑誌の読み放題に特化したサービスです。このサービスは、都度購入の必要がなく、提供される全ての作品を読み放題の形式で楽しむことができます。

これは、Kindle Unlimitedのように一部の作品が1巻のみ無料で、続きを読むためには購入が必要となるケースとは異なります。

特に、雑誌の取り扱いにおいては、ブック放題が豊富なラインナップを誇っています。そのため、漫画や雑誌を中心に読み放題サービスをお探しの方には、ブック放題が適していると言えるでしょう。

一方、Kindle Unlimitedは、小説、実用書、ライトノベルなど、ブック放題では取り扱っていないジャンルの本も豊富に揃えています。これらのジャンルに興味がある方にとっては、Kindle Unlimitedがより適した選択肢となります。

結論として、一つのサービスで幅広いジャンルの読書体験を完結させたい方にはKindleが、漫画を中心に定額で読み放題がいいということであればブック放題がおすすめです。

どちらのサービスを選ぶか迷っている方は、無料のお試し期間を利用して、それぞれのサービスの使用感を確かめてみるのが良いでしょう。

Kindle Unlimitedとブックパスとの比較

サービス名Kindle Unlimitedブックパス
無料期間30日30日
月額料金980円(税込)雑誌418円(税込)
総合618円(税込)
読み放題冊数漫画56,000冊以上
(都度購入が前提)
総合5,000冊以上
(都度購入が前提)
雑誌数250誌以上300誌以上
その他小説、実用書、ライトノベルなど小説、実用書、ライトノベルなど


Kindle Unlimitedとブックパスを比較すると、それぞれのサービスが持つ特色が明確になります。

Kindle Unlimitedは、実用書や一般書籍、洋書などの幅広いジャンルの本を読み放題で提供しており、特にビジネス書や専門書を中心に読みたい方には最適な選択肢です。

その豊富な冊数は、読書の幅を広げたい方や多様なジャンルに興味がある方にとって、大きな魅力となるでしょう。

一方、ブックパスは、雑誌やコミックに特化した読み放題サービスを提供しています。特に雑誌の種類はブックパスの方が多く、コストパフォーマンスを重視する方や、漫画や雑誌を中心に読みたい方には適しています。

また、電子書籍の購入時に利用できる割引クーポンや値引きの提供もあり、漫画の単行本などを購入する際にはブックパスがお得になることが多いです。

結論として、多くのビジネス書や一般書籍、洋書など幅広いジャンルの本を読みたい方にはKindle Unlimitedが、コストパフォーマンスを重視し、雑誌やコミックを中心に楽しみたい方にはブックパスがおすすめです。

どちらのサービスも30日間の無料お試し期間があり、この期間を利用して自分に合ったサービスを見つけることをおすすめします。

ブックパスは特に月額を抑えたい方や、都度購入も考慮している方に向いており、Kindle Unlimitedは実用書を中心に多様な読書を楽しみたい方に適しています。

アマゾンKindle Unlimitedは、200万冊以上の電子書籍が読み放題で楽しめるサービスです。Kindle端末が無くても、今使っているスマートフォン、タブレット、PCやMacでも簡単に利用することができます。

アマゾン会員であれば、初回30日間無料で利用することが可能。もちろん、無料期間中に退会すればお金は一切かかりません。

また現在、期間限定(~12月1日まで)で3か月99円で利用できるので、缶コーヒー1本分以下の料金で、普段なかなか手に取れない数千円、数万円するような本をタダで読むことも可能です。

漫画やラノベの配信数は少ないですが、小説やビジネス書、実用書などは豊富に配信されているため、これらの電子書籍を読みたい方にはおすすめのサービスになっています。

アマゾンは、大手の信用できる企業ですので、個人情報の漏洩やウィルス感染の心配も必要なし。

Kindle Unlimited無料体験登録方法と解約方法を詳しく解説!のまとめ

Kindle Unlimitedは、読書の幅を広げたい方や特定の専門分野に深く没頭したい方に最適なサービスです。

200万冊以上の豊富な書籍が提供されており、小説からビジネス書、自己啓発書に至るまで、多様なジャンルを月額980円(税込)で読み放題で楽しむことができます。

このコストパフォーマンスの高さは、特に多読する方にとって大きな魅力です。一方で、Kindle Unlimitedでは全ての本が読み放題対象となっているわけではなく、最新のベストセラーや話題の漫画などは対象外の場合があります。

そのため、特定の最新作や人気作を読みたい方には必ずしも最適ではないかもしれません。

しかし、30日間の無料体験期間を活用すれば、サービスの内容や使い勝手を自分自身で確認することができ、気に入らなければ簡単に解約手続きを行うことが可能です。

このように、Kindle Unlimitedは多様な読書を求める方には高い満足度を提供する一方で、特定の本を求める方には慎重な検討が必要なサービスと言えるでしょう。

  • Kindle Unlimitedは、200万冊以上の電子書籍が読み放題のサービス
  • スマートフォン、タブレット、PC、Macでも利用可能
  • アマゾン会員なら初回30日間無料で利用できる
  • 3か月99円の期間限定プランが存在する
  • 漫画やラノベは配信数が少ないが、小説やビジネス書、実用書は豊富
  • 個人情報の漏洩やウィルス感染の心配がない
  • 月額料金は980円(税込み)で、支払方法はクレジットカード、デビットカードなど複数
  • 最大で20冊まで同時にダウンロード可能
  • 同一アカウントで最大6台の端末で利用できる
  • Kindle端末にも対応しており、オフラインでの読書が可能
  • 特に専門書や実用書に強みを持つ
  • 電子書籍は物理的なスペースを必要とせず、収納スペースを節約できる

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次