ジャニーズ「忍者」メンバーは現在何してる?6人のプロフィール、結成までの軌跡、解散理由、画像も

※本ページはプロモーションが含まれています

以下引用元  Archive of STARTO

ジャニーズ事務所が1990年代に生み出した伝説のアイドルグループ「ジャニーズ忍者」。彼らは、日本の伝統文化とポップカルチャーを融合させた独自のスタイルで、多くのファンを魅了しました。

「ジャニーズ忍者 現在」というキーワードで彼らの現在を探る本記事では、彼らの結成から解散に至るまでの軌跡と、メンバー各自の現在の活動を紹介します。

デビューからわずかな期間で大きな成功を収めた彼らですが、解散後はそれぞれ異なる分野で才能を発揮しています。

この記事を通じて、一度は輝いたスターたちの現在の姿を追い、ジャニーズ忍者が日本のアイドルシーンに残した足跡を振り返ります。

彼らの変わらない魅力を再発見し、彼らの歴史をたどることで、ファンにとっては懐かしく、新しい世代にとっては新たな発見となるでしょう。

記事のポイント

  • 忍者のメンバー6人の解散後~現在の活動
  • 「忍者」結成~解散までの軌跡
  • ジャニーズ「忍者」の解散理由を考察
目次

ジャニーズ「忍者」とは?現在何してる?

ジャニーズ事務所によって1990年代に生み出された「忍者」は、アイドルシーンに革新をもたらしたグループです。

彼らのデビューは、伝統的な日本文化と当時のポップカルチャーを巧みに融合させたことで、多くのファンの心を捉えました。

忍者のコンセプトは、日本の伝統文化を取り入れた演歌を歌うアイドルというもので、このアイデアは後に関ジャニ∞が引き継ぐこととなります。

彼らはデビューからわずか4ヶ月でNHK紅白歌合戦に出場し、当時の記録を更新する快挙を成し遂げました。また、新人賞を多数受賞し、デビュー当時の注目度の高さを証明しました。

特に、日本の伝統文化と演歌を取り入れた彼らのアイドルとしてのコンセプトは、当時としては革新的で、その後のジャニーズ事務所のグループにも少なからず影響を与えています。

しかしながら、彼らの活躍は1997年に惜しくも休止し、事実上の解散となりました。

忍者のメンバー6人の解散後~現在の活動

引用元  Archive of STARTO

ここからは、忍者のメンバー6人のプロフィールと解散後から現在に至る活動について詳しく紹介していきます。

柳沢超のプロフィール

引用元  Archive of STARTO

柳沢超、通称すすむくんは、1967年3月7日生まれ、東京都渋谷区出身の元アイドルで、忍者のリーダーとして輝かしいキャリアを持っています。

1981年、中学3年生の時にジャニーズ事務所に入所し、芸能界への第一歩を踏み出しました。

1982年10月、日本テレビ開局30周年記念ミュージカル・ドラマ「夏の王様」でウィズの子供達役でデビューを果たし、その後、忍者のリーダーとしてグループを牽引しました。

柳沢超さんは、その甘いマスクと卓越したパフォーマンスで、多くのファンを魅了し続けました。

柳沢超の解散後~現在の活動

忍者解散後、柳沢超さんは新たな道を歩み始めました。

ジャニーズ事務所を退社し、2000年に吉本興業へと移籍。その後、ティーズナインハーフに所属し、2004年9月からはブロードバンド配信番組「TEPCOひかり荘」でレギュラー出演し、俳優業を中心に活動を広げています。

さらに、声優としても活躍し、多彩な才能を発揮しています。私生活では、2010年に14歳年下の女性と結婚し、2017年には第1子の誕生を迎えました。

遠藤直人のプロフィール

引用元  Archive of STARTO

遠藤直人、愛称「えんちゃん」、1969年4月20日生まれの東京都足立区出身。彼は1980年代前半にジャニーズ事務所に入所し、その後、男闘呼組の結成メンバーに選ばれるほどの才能を見せました。

しかし、彼の心はダンスに強く惹かれていました。この情熱が彼をジャニー喜多川への直談判へと駆り立て、結果的に男闘呼組を脱退し、「忍者」のメンバーとして再出発を果たします。

遠藤さんのダンスは、そのキレの良さと洗練された動きで、忍者のパフォーマンスに華を添え、彼のステージは常に注目の的でした。

解散後~現在の活動

忍者解散後、遠藤直人さんは裏方へと転身し、TOKIOやV6、嵐などの後輩グループのマネージャーとして活動を始めました。

彼はジャニーズ事務所傘下の「ヤング・コミュニケーション」に入社し、役員としての責任ある立場を担い、ジャニー喜多川の専属運転手や、多くの後輩アイドルのコンサートプロデュースも行なっています。

正木慎也のプロフィール

引用元  Archive of STARTO

正木慎也さん、愛称「慎くん」は1969年5月29日、山口県生まれのアイドル出身アーティストです。

1982年1月17日にジャニーズ事務所に入所し、その後、1987年に萩本欽一プロデュースのアイドルグループ「おめで隊」でレコードデビューを果たします。

しかし、彼の真の転機は1990年、忍者のメンバーとして再デビューしたことでした。忍者ではリードボーカルとしてその圧倒的な歌唱力を発揮し、ファンの心を掴みました。

解散後~現在の活動

引用元 正木慎也のインスタグラム(@shinya5291990822)

忍者解散後、正木慎也さんは2000年にジャニーズ事務所を退所し、芸能活動を一時休止しました。その後、彼は江ノ島の海の家でアルバイトを経験するなど、一般生活に戻る時期もありました。

しかし、彼の芸能界への情熱は衰えることなく、2003年7月にVシネマ「梁山泊 仁義なき頂上決戦」で活動を再開し、以後は舞台を中心に活動を続けています。

正木慎也さんは、アイドル時代とは異なる形でのファンとの交流も行っており、自作のオリジナルアクセサリーの販売や、「ドライブデート」というユニークなファンイベントも定期的に開催しています。

2013年には佐藤寛之とユニット「DUO」を結成し、2014年9月にはシングル「ふたつのライン」をリリース、音楽活動も再開しています。

現在、CINEMACTに所属する正木慎也さんは、アイドルから俳優、音楽家へと変貌を遂げた彼の活動は、これからも多くの注目を集めることでしょう。

高木延秀のプロフィール

引用元  Archive of STARTO

高木延秀さん、愛称「ノブくん」は、1970年3月11日生まれ、東京都板橋区出身の元ジャニーズアイドルです。

彼は1980年代半ばにジャニーズ事務所に入所し、アイドルグループ「忍者」のメンバーとして活躍しました。高木さんは、その高い身体能力とアクロバットなパフォーマンスで、忍者のステージを華麗に彩っていました。

東京都立北園高等学校に合格しながらも、忍者の活動を優先し、学業を辞退する決断をしました。彼のパフォーマンスは、バック転やバック宙などで忍者のステージを盛り上げ、ファンを魅了し続けました。

解散後~現在の活動

忍者解散後、高木延秀さんは一時芸能界を離れ、茨城県つくば市の飲み屋や、西新宿の青梅街道沿いの会員制スナック「MEMBER’S 3と9」で雇われ店長として勤務しました。

しかし、芸能界への情熱は衰えることなく、2001年に飲食業を辞め、再びジャニーズ事務所に戻りました。ジャニーズJr.の担当チーフマネージャーとして、後輩たちのサポートに尽力しています。

2004年4月、柳沢超さんのイベント「超 Re:START 2004春」にゲスト出演し、久しぶりにファンの前に姿を現しました。現在は東京都内の一般企業に勤務し、2006年に結婚したことが明らかになっています。高木延秀さんのキャリアの

転換は、多くのファンにとって意外かもしれませんが、彼の芸能界への貢献は変わらず続いています。ジャニーズJr.のマネージャーとして、後進の育成に力を注ぐ活動をされています。

古川栄司のプロフィール

引用元  Archive of STARTO

古川栄司さんは、1971年7月11日に静岡県熱海市で生まれました。1988年にジャニーズ事務所に入所し、少年隊に憧れていた彼は、ジャニーズJr.内ユニット「平家派」の一員として光GENJIのバックダンサーを経験しました。

その後、忍者のメンバーとして活躍し、ダンスは苦手であったものの、その抜群の歌唱力で「日本」シングルではメインボーカルを務めるなど、グループ内で重要な役割を果たしました。

解散後~現在の活動

古川栄司さんは、1994年にジャニーズ事務所を退社し、忍者を脱退しました。退社後は志賀泰伸さんと同じグランクリュ・コンサルティングに移籍し、舞台俳優としてのキャリアを再開しました。

彼はファンの要望に応えながら音楽活動も行いましたが、1995年夏の熱海でのミニライブを最後に音楽活動を休止し、同年の舞台「華やぎの糸」を最後に芸能界を引退しました。

その後、2003年には新宿区歌舞伎町の老舗ホストクラブ「トップダンディー」で「英二」という源氏名でホストとして働き始めますが、2005年3月の仕事中の事故によりホストを辞めました。

以降は東京都杉並区の居酒屋でアルバイトをしながら芸能界への復帰を目指しています。2009年7月には「週刊文春」で「元ジャニーズ18人 壮絶な人生」として彼の人生が取り上げられました。

志賀泰伸のプロフィール

引用元  Archive of STARTO

志賀泰伸さんは1968年8月3日、神奈川県横浜市に生まれました。彼の芸能界への道は、1984年にジャニーズ事務所への入所から始まります。

田原俊彦に憧れた志賀さんは、ジャニーズ事務所での研鑽を積み、アイドルグループ「忍者」のメンバーとしてデビューを果たしました。

しかし、彼の人生には転機が訪れます。1994年には、デビュー当時から結婚しており子供がいたことが発覚し、それを理由に忍者を脱退、同時にジャニーズ事務所を退社しました。

解散後~現在の活動

引用元 東京新聞

1994年にグループ脱退後、志賀さんは芸能活動の幅を広げ、俳優としてVシネマや舞台に出演しました。さらに、彼は音楽の道も探求し、バンド「D-run(デュラン)」でボーカルとして活動を行なっています。

これらの活動を通じて、彼はアイドル時代とは異なる新たな才能を発揮しました。

一方で、志賀さんはファンからの支援を求めてファンクラブ設立を名目に資金を募集しましたが、計画されていたファンクラブは実現せず、資金も返金されないまま公式サイトが閉鎖されるという問題が発生しました。

この出来事は、彼の信頼性に傷をつけ、ファンの間で大きな失望を引き起こしました。

2023年5月には、故ジャニー喜多川による性被害を告白し、ジャニーズ性被害問題当事者の会のメンバーとして活動していましたが、10月6日には方針の違いから脱退することを発表しました。

現在は医療関係の仕事に従事しており、芸能界とは異なる分野で新たなステップを踏んでいます。

ジャニーズ「忍者」結成~解散までの軌跡

引用元  Archive of STARTO

忍者の始まりは、中村繁之の1985年のソロレコードデビューに遡ります。この時、中村のバックダンサーとして選ばれたジャニーズJr.のメンバーが「少年隊ジュニア」として集結しました。

元々「シゲダン」と呼ばれていた彼らは、同年9月にTBSのバラエティ番組『おじゃまします』への出演を機に、ジャニー喜多川によって「少年忍者」と命名されました。

ジャニーズ「少年忍者」の名前の由来は?

ジャニーズ「少年忍者」のグループ名は、あるテレビ番組のエピソードから生まれました。中村繁之が番組に出演した際、バックで踊るジャニーズJr.のグループ(当時「シゲダン」と呼ばれていた)が、その身軽なアクロバティックなダンスで注目を集めていました。

この時、共演者の片岡鶴太郎が彼らのパフォーマンスを見て、「まるで忍者みたいな奴らだな!」とコメントしました。

この発言を聞いたジャニーズ事務所の創設者、ジャニー喜多川は、この表現に強く惹かれ、グループ名として「少年忍者」を提案しました。

この瞬間が、グループ名「忍者」の誕生のきっかけとなったのです。彼らのダイナミックで華麗なダンススタイルが、忍者のイメージと重なり、ジャニーズ事務所における彼らのアイデンティティを形成することになりました。

忍者のメンバー変動と新たな加入

忍者のレコードデビューが決まらない中、1989年2月にはメンバーの一人、中村亘利が脱退しました。中村は、忍者と並行して「CHA-CHA」というグループにも参加しており、そちらの活動が忙しくなったため、忍者からの脱退を決断したのです。

中村の脱退により空いたポジションを埋めるため、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川は、外国人メンバーの加入や、SMAPの中居正広と木村拓哉の加入を検討しました。

しかし、中居と木村は忍者の複雑なダンスに自信がないとして、この提案を辞退しました。

その結果、同年夏のミュージカル『PLAYZONE ’89 Again』から、アクロバットに長けていた「平家派」のメンバーである古川栄司が忍者に抜擢されました。

この変動は、グループに新たな才能をもたらし、忍者のパフォーマンスに新しい風を吹き込むことになりました。

「忍者」への改名とその背景

1990年の春、CDデビューを控えたグループは、その名前を「少年忍者」からシンプルかつインパクトのある「忍者」に改名しました。

この改名のきっかけは、同年3月30日にアメリカで公開され、大きな話題を呼んだ映画『ミュータント・タートルズ』でした。

この映画は、亀忍者4兄弟を主役にした実写映画で、原作は漫画「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」です。

映画の人気と時を同じくして、ジャニーズ事務所はグループ名を国際的にも通用するものにするため、「忍者」という簡潔で力強い名前に変更を決定しました。

これにより、グループは新たなブランディングとして「忍者」という名前での活動をスタートし、その後の成功への道を歩み始めました。

『お祭り忍者』でCDデビュー

引用元 アマゾン

1990年8月22日、ジャニーズのアイドルグループ「忍者」は、彼らの最初のCD『お祭り忍者』を日本コロムビアからリリースし、音楽業界に華々しくデビューしました。

このデビュー作のキャッチフレーズ「世界は“NINJA”を待っている。」は、ジャニー喜多川がザ・タイガースの映画『世界はボクらを待っている』からインスパイアされたものです。

『お祭り忍者』のコスチュームデザインは、『コブラ』などで知られる著名な漫画家、寺沢武一によって手掛けられました。

『お祭り忍者』は美空ひばりの『お祭りマンボ』のリメイク曲

ジャニーズのアイドルグループ「忍者」が音楽シーンに華々しく登場したのは、彼らのデビュー曲『お祭り忍者』によるものです。

この曲は、日本の伝統的な歌謡曲であり、多くの人々に親しまれている美空ひばりの『お祭りマンボ』を現代風にアレンジしたものでした。

忍者によるこのリメイク版は、日本の伝統文化と演歌のエッセンスを融合させ、新しいタイプのアイドルスタイルを市場に提示しました。

この斬新なアプローチは、ジャニーズ事務所に所属する後輩グループ、特に関ジャニ∞などにも大きな影響を与えました。

彼らもまた、伝統的な音楽要素を取り入れつつ、自身のアイドルスタイルを確立することに成功しました。

このようにして、『お祭り忍者』はジャニーズ事務所の音楽路線に新たな風を吹き込み、後のアイドルグループの音楽性にも影響を与える重要な一曲となったのです。

ジャニーズ「忍者」として順風満帆な芸能活動

忍者は、1990年代初頭に日本の芸能界で目覚ましい成功を収めました。彼らはデビューからわずか4ヶ月で、日本の名だたる音楽の祭典であるNHK紅白歌合戦に初出場しました。

この記録は、当時史上最短とされ、後にTOKIOやWaTが更新するまで、忍者の特筆すべき成果として語り継がれてきました。

1991年の12月21日には、彼らにとって重要なマイルストーンとなる日本武道館での単独コンサートを成功裏に開催し、その人気と実力を証明しました。

さらに、1992年には映画『トイ・ソルジャー』の日本語吹替版で、メインキャラクターたちの声を担当するなど、音楽活動だけに留まらず、多方面で成功を収めていきました。

メンバーの2人が解雇、4人での活動を余儀なくされる

引用元  Archive of STARTO

1994年、忍者は重要な転機を迎えました。メンバーの志賀泰伸と古川栄司がジャニーズ事務所を解雇され、それに伴いグループから脱退しました。

この出来事は、グループにとって大きな変化であり、2人の空席をどう埋めるかが課題となりました。

ジャニーズ事務所の代表、ジャニー喜多川は、ジャニーズJr.から坂本昌行と井ノ原快彦を忍者に加入させる案を提案しました。

しかし、この提案は両者によって拒否され、これは彼ら自身がラジオ番組で後に語ったとおりです。その結果、グループは残った4人のメンバーだけで活動を続けることになりました。

4人で活動を続けるが、自然消滅的に解散する

1994年にメンバーの脱退を経て、忍者は残った4人で活動を続けました。

この年の10月17日には、「四銃士」という別名義の企画グループを結成し、テレビ朝日の『94FIVBワールドスーパー4バレー』のイメージソング「DO YOUR BEST」をリリースしました。これは、新たな形での彼らの試みでした。

翌1995年12月1日には、ラストシングル『たとえ君が嘘をついても』を「Ninja」という名義で発売しました。さらに、1996年1月20日には、彼らの最後のアルバム『Hi La Ri』も「Ninja」名義でリリースされました。

グループとしての最後の公の活動は、1997年11月9日に京都・シアター1200で行われた『KYO TO KYO ’97秋公演』でのゲスト出演でした。この日をもって、「忍者」としての活動は事実上終了し、グループは自然消滅する形となりました。

「忍者」名義でのメディアへの露出も、1997年7月20日発行の『ジャニーズマガジン』第26号を最後に終了しました。以降の号ではグループとしての掲載がなくなり、1998年7月20日発行の第30号を最後に、雑誌における「忍者」の表記もなくなりました。

これにより、「忍者」としての存在はメディアからも姿を消し、彼らの活動は静かに幕を閉じることとなったのです。このようにして、忍者はその活動期間を終えました。

ジャニーズ「忍者」の解散理由を考察

1990年代の日本のアイドルシーンでは、忍者は一時期、注目を集めましたが、その後自然消滅的に解散となりました。その背景にはいくつかの要因が考えられます。

人気グループとの競合に負けた

1990年代、日本のアイドルシーンは熱狂的な人気を誇るグループで溢れていました。その中でも特に目立つ存在だったのが、光GENJIとSMAPです。

彼らは、当時のアイドル業界を牽引する存在として、テレビや雑誌、コンサート会場を賑わせていました。

光GENJIはその独特なパフォーマンスとキラキラとした魅力で、多くのファンを魅了し、SMAPはその後、国民的な人気を獲得しました。

このような背景の中で、忍者もまた同じ時代を生きるアイドルグループとして活動していました。

しかし、彼らは光GENJIやSMAPという巨星たちの影に隠れる形となり、メディアでの露出や人気獲得に苦戦を強いられました。

忍者もまた歌やダンスに長けた才能を持ち、ユニークな魅力を発揮していたのですが、光GENJIの華やかなパフォーマンスやSMAPの多様な才能と比較されることが多く、彼ら独自の個性を前面に出すことが難しい状況でした。

音楽スタイルが受け入れられなかった

忍者の音楽的試みは、日本のアイドル界においてユニークな位置を占めていました。彼らのデビュー曲「お祭り忍者」は、日本を代表する歌手、美空ひばりの「お祭りマンボ」を現代風にアレンジしたものでした。

この曲は演歌の要素を含んでおり、当時としては非常に珍しいアイドルの音楽スタイルでした。

しかし、この演歌風の音楽スタイルは、1990年代の若い世代の間では必ずしも受け入れられるものではありませんでした。

当時の若者たちは、よりポップで現代的な音楽に惹かれる傾向にあり、演歌の要素を含む忍者の曲は、彼らにとって馴染みにくいものだった可能性があります。

特に、アイドルに対してポップカルチャーの最前線を求めるファンにとって、忍者の音楽スタイルは古風で時代遅れに感じられたかもしれません。

テレビ出演が減少した

1990年代初頭、日本のテレビ業界では大きな変化が起こっていました。特に、アイドルたちにとって重要なステージである音楽番組の終了は、彼らの露出機会に大きな影響を与えました。

忍者もこの波に巻き込まれ、彼らが出演可能な歌番組は次々とその幕を閉じていきました。かつて人気を集めた「ベストテン」が終了し、彼らのデビュー年である1990年には「トップテン」もその歴史に幕を下ろしました。

これにより、彼らに残された主要なテレビ出演の場は「夜ヒット」と「Mステ」のみとなり、これらの番組での出演機会も限られていました。アイドルにと

ってテレビ露出は人気と直結する要素であるため、このような状況は忍者の活動にとって大きな打撃となりました。

彼らのパフォーマンスや魅力を広く伝えるチャンスが減少することで、ファン層の拡大や新たな支持者の獲得が難しくなったのではないでしょうか。

バラエティ番組での露出が少なかった

忍者は技術的に優れた歌とダンスで知られていましたが、当時のエンターテインメント業界では、これだけでは不十分でした。

特に、バラエティ番組やテレビ出演では、単にパフォーマンスが上手いだけではなく、視聴者の心を引き付けるような個性的なキャラクターが求められていました。この点で、忍者は苦戦を強いられていたような印象です。

例えばSMAPや後の関ジャニ∞などは、個性的なメンバーが多く、バラエティ番組での活躍が彼らの人気を大きく後押ししていました。

バラエティ番組は、アイドルたちにとってファン層を広げる大きなチャンスです。こうした番組での活躍は、音楽活動だけではなく、広告やドラマ出演といった他のメディアへの露出をもたらします。

忍者のメンバーがもっとバラエティ番組での露出を増やし、個性を前面に出していれば、彼らのキャリアは異なる方向に進んでいたかもしれません。

主要メンバーの脱退

忍者は1994年に重大な変化を迎えました。グループのメンバーである志賀泰伸と古川栄司がグループから脱退することとなりました。この二人の脱退は、忍者にとって大きな打撃となり、グループ内の士気や将来の方向性に深刻な影響を及ぼしました。

志賀泰伸と古川栄司は、それぞれグループ内で重要な役割を担っており、彼らの脱退はグループのパフォーマンスと人気に直接影響を与得たと考えられます。

忍者は歌唱力もダンスパフォーマンスも優れていましたが、これらの複合的な要因が解散につながったと考えられます。彼らの解散は、ジャニーズ事務所にとっても惜しまれる出来事であったことでしょう。

忍者のメンバーたちは、その後も個々に様々な活動を続けていますが、グループとしての忍者は、その独特のスタイルと時代の流れの中で、短い活動期間にもかかわらず、多くのファンに記憶される存在となりました。

結果として、忍者の解散は、当時の日本のアイドル業界の競争の激しさを象徴する出来事の一つとして振り返られることが多いです。彼らが持っていた才能と可能性は、異なる環境や時代であれば、もっと違った形で開花していたかもしれませんね。

ジャニーズ忍者メンバーは現在何してる?結成までの軌跡、解散理由まとめ

  • ジャニーズ事務所によって1990年代に生み出され、アイドルシーンに革新をもたらした
  • 伝統的な日本文化と当時のポップカルチャーを巧みに融合させ、多くのファンを魅了
  • コンセプトは日本の伝統文化を取り入れた演歌を歌うアイドル
  • デビューからわずか4ヶ月でNHK紅白歌合戦に出場し、新人賞を多数受賞
  • 日本の伝統文化と演歌を取り入れたコンセプトが革新的で、後のグループに影響
  • 活動は1997年に惜しくも休止し、事実上の解散となった
  • メンバー6人は解散後、それぞれ異なる分野で活動
  • 忍者のデビューは演歌とポップカルチャーの融合が特徴
  • 日本文化を取り入れたスタイルがジャニーズ事務所に影響を与えた
  • 解散後の活動は、個々に多岐にわたり、それぞれ異なるキャリアを築いている
  • 忍者の歴史は、日本のアイドルシーンにおいて特筆すべき存在であり、その独自性が注目された
  • グループとしての解散理由は複数の要因が考えられ、その後もメンバー個々の活躍は続いている

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次