朝鮮学校出身者の有名人、芸能人を12名紹介:彼氏や結婚観、就職についても解説

※本ページはプロモーションが含まれています

朝鮮学校は、在日朝鮮人コミュニティの中で、子供たちに母国の教育を提供するための学校として存在しています。

第二次世界大戦の終結後、日本には約200万人の在日朝鮮人が居住していました。その中で多くの人々が母国に帰国しましたが、約60万人が日本にとどまりました。

彼らの子供たちに朝鮮の教育を受けさせるため、朝鮮学校が設立されました。

2021年のデータによると、日本全国に98校の朝鮮学校が存在し、在日朝鮮人の教育において中心的な役割を果たしています。

多くの日本人は、朝鮮学校の存在を知っているかもしれません。

しかし、朝鮮学校を卒業した生徒たちの進路や日常生活については、あまり知られていないかもしれません。

この記事では、朝鮮学校の役割や特色、さらには卒業生たちの進路や恋愛に関する事情を詳しく紹介していきます。

目次

朝鮮学校とは?どういった教育がされているのか

朝鮮学校は、在日朝鮮人や在日韓国人の子供たちが学ぶための教育施設として存在しています。

こちらの学校では、日本語の授業だけでなく、朝鮮語の授業も実施されており、朝鮮半島の豊かな歴史や文化に触れることができます。

この学校の教育カリキュラムは幼稚園から大学に至るまで幅広く、生徒たちは自らのルーツや言語を尊重しつつ、学びの場を持っています。

ただし、朝鮮学校は日本の公式な認可を受けていないため、卒業後の進学や就職の際には一定の制約が伴うことも考慮されるべきです。

それにもかかわらず、在日朝鮮人のコミュニティにおいて、この学校はアイデンティティを維持し、教育を受けるための重要な場所として位置づけられています。

朝鮮学校の起源は、第二次世界大戦後の日本における在日朝鮮人のコミュニティにあります。当初の設立目的は、母国への帰国を見据えたものでした。

しかし、時代の変遷とともに、現在の在日朝鮮人の多くは日本での永住を前提としており、帰国を目的とした入学は少なくなっています。

法的な位置づけとして、朝鮮学校は日本の「法律に定める学校」とは異なります。

このため、朝鮮学校の高等部を修了しても、日本の大学入試資格を得ることはできません。

この点に関して、在日朝鮮人の間では、日本の歴史的背景を考慮し、朝鮮学校の存在を正当化し、保障すべきだという意見も存在します。

朝鮮学校の教育は、「民族教育」を中心としています。ここでの学びは、朝鮮の歴史や地理、そして朝鮮語の習得に重点が置かれています。

学校内では基本的に朝鮮語が使用され、日本語の使用は限定的です。

また、北朝鮮の発展や金正日総書記の思想に関する内容も教科書に取り入れられており、これが「反日教育」との批判を受ける原因となっています。

学校の教室内には、金日成や金正日の肖像画が飾られていると言われています。

朝鮮学校出身の有名人、芸能人を12名紹介

朝鮮学校出身者としての背景を持ちながら、芸能界やスポーツ界でその才能を発揮している著名人たちがいます。

彼らは、朝鮮学校での教育をベースに、多様なフィールドでの成功を収めており、その活躍は多くの人々に感銘を与えています。

この度、そんな朝鮮学校出身の有名人、芸能人たちを12名ピックアップし、彼らの功績や魅力を紹介していきたいと思います。

朴悠那(パク・ユナ):朝鮮学校出身の劇団四季所属女優

引用元 instagrammernews

朴悠那さんは、日本国内外で輝かしい活動を展開する女優として知られています。

彼女のルーツは、大阪朝鮮高級学校にあり、その背景を公然と語る姿勢が多くのファンから支持されています。

朴悠那さんは、その才能と努力で劇団四季の舞台を中心に活躍を続けており、今後の更なる活躍が期待されています。

プロフィール

  • 出身地:大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)
  • 国籍:韓国
  • 世代:在日コリアン四世

彼女の芸能界への道のり

  1. 幼少期:小学3年生から韓国舞踊を学び始める。
  2. 中学時代:劇団四季の『キャッツ』大阪公演を観劇し、劇団四季を志望。
  3. 高校卒業後:俳優養成所「ダンスオブハーツ」での研鑽。
  4. 2010年:劇団四季のオーディションに挑戦し、合格率0.05%の中から見事合格。
  5. 2011年:劇団四季入所。同年8月、『マンマ・ミーア!』でのアリ役で初舞台を踏む。

主な舞台出演歴

  • 『マンマ・ミーア!』(2011年、アリ役)
  • 『ライオン・キング』(2014年、アンサンブル / 2015年、ナラ役)
  • 『コーラスライン』(2015年、ディアナ役 / 2020年、ヴァル役)
  • 『キャッツ』(2017年、ジェミマ役)
  • 『美女と野獣』(2022年、バベット役)

ソニン:舞台を中心に活躍する多才な女優

引用元 文春オンライン

ソニンは、1983年3月10日に高知県で生まれ、日本の芸能界にその名を刻んでいます。

彼女のキャリアは、多岐にわたる才能を持つアーティストとしてのもので、歌手から女優へとその活動の幅を広げてきました。

彼女は在日コリアン三世として、日本で生まれながら韓国の国籍を持っています。

その背景は、母親が日本人で、父親が韓国人ハーフであるため、ソニン自身はクオーターとして生まれました。

ソニンは、その才能と努力で多くの賞を受賞し、国内外での活動を続けています。

彼女の成功は、朝鮮学校出身者がどれだけの才能を持っているかを証明するものと言えるでしょう。

出身校

  • 神戸朝鮮初中級学校(兵庫県神戸市中央区)
  • 神戸朝鮮高級学校(兵庫県神戸市垂水区)

彼女の芸能界への道のり

  1. 歌手デビュー:「EE JUMP」というグループで「おっととっと夏だぜ!」というヒット曲をリリース。
  2. ドラマデビュー:2003年に『高校教師』で女子高生役を演じ、ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 新人俳優賞を受賞。
  3. ミュージカルデビュー:2007年、オーディションを勝ち取り、大竹しのぶ主演の『スウィーニー・トッド』に出演。
  4. 留学経験:アメリカのニューヨークで1年半の演劇留学を経験し、その後『ミス・サイゴン』や『ダンス・オブ・ヴァンパイア』などの作品で主要な役を演じ、2015年には第41回菊田一夫演劇賞を受賞。

松嶋あすか

引用元 松嶋あすかのオフィシャルブログ

松嶋あすかさんは、1973年2月14日生まれのフリーアナウンサー・レポーターとして、テレビやラジオでの活動を通じて多くの人々に親しまれています。

彼女の背景や経歴、そして活動の幅は非常に広く、多岐にわたるものとなっています。

彼女は在日朝鮮人三世として、初めは孫明日香という名前で活動していましたが、女優の松嶋菜々子さんの実兄との結婚を機に、現在の名前での活動を再開しました。

松嶋あすかさんは、その多才な才能と経験を活かし、さまざまなメディアでの活動を通じて、多くの人々に情報や知識を提供しています。

彼女の活動は、朝鮮学校出身者が持つ広い視野と深い知識を証明するものと言えるでしょう。

出身校

  • 朝鮮大学校(東京都小平市)
  • 津田塾大学大学院国際関係学研究科

彼女のキャリアのハイライト

  1. テレビ出演:『ニュースステーション』や『探検ロマン世界遺産』などの番組でのレポーターやアナウンサーとしての活動。
  2. ラジオ出演:『サントリー・サタデー・ウェイティング・バー』にて、常連客役としての出演で、リスナーからの高い評価を受けていました。
  3. 学歴:津田塾大学大学院国際関係学研究科を修了し、国際問題に関する深い知識を持っています。その知識を活かして、SNSでの発信も行っています。

雅原慶(みやはら けい)ミュージカル界での輝かしい足跡

引用元 日刊スポーツ

雅原慶(みやはら けい)さんは、1985年1月14日生まれのミュージカル女優として、多くの舞台でその才能を発揮しています。

彼女の背景や経歴、そして活動の幅は非常に広く、多岐にわたるものとなっています。

彼女は在日コリアン三世として、本名はパク・キョンミといいます。

高校卒業後、立命館大学に進学しましたが、その後の道は一般的なものとは異なり、俳優養成所「ダンスオブハーツ」への道を選びました。

雅原慶さんは、その豊かな経験と才能を活かし、ミュージカル界での活動を通じて、多くの人々に感動と喜びを提供しています。

彼女の活動は、ミュージカル界におけるその才能と情熱を証明するものと言えるでしょう。

出身校

  • 尼崎朝鮮初中級学校(兵庫県尼崎市)
  • 神戸朝鮮高級学校(兵庫県神戸市垂水区)

彼女のキャリアのハイライト

  1. 劇団四季:2007年に劇団四季のオーディションに合格し、2008年に入所。『マンマ・ミーア』での初舞台を皮切りに、『アイーダ』や『ウィキッド』などの主要な役で活躍。
  2. 退団後の活動:2016年に劇団四季を退団した後も、太田プロダクションに所属し、多くの舞台で主役を務めるなど、その才能を存分に発揮しています。
  3. 学歴:立命館大学法学部を卒業し、国際法を専攻。その深い知識と経験を活かし、多くの舞台での活動を続けています。

ソンミ:モデルからビジネスウーマンへの転身

引用元 スポーツ報知

ソンミさんは、1989年1月11日生まれの多才な女性として知られています。

彼女の経歴や活動は多岐にわたり、その魅力は多くの人々に愛されています。

彼女は在日コリアン四世として、本名を朴成美といいます。

若干23歳の時に大阪オートメッセイメージガールとして芸能界に足を踏み入れました。

ソンミさんは、モデルとしてのキャリアからビジネスウーマンとしての道へとシフトしています。

その多才な活動は、これからも多くの人々に影響を与え続けることでしょう。

出身校

  • 朝鮮大学校(東京都小平市)

彼女のキャリアのハイライト

  1. モデル活動:2012年に大阪オートメッセイメージガールとしてデビュー。その後、プラチナムプロダクションに所属し、多くのファッションショーやイベントでその美しさを披露。
  2. バラエティ番組:セレブキャラとして多くの番組に出演。しかし、2018年にそのキャラクターは事務所の戦略であったことを公にし、その真摯な姿勢で多くの人々の共感を得ました。
  3. ビジネス活動:現在は美肌研究家や美食家研究家としての活動の他、スキンケアブランドmeethの代表取締役としても活躍中。

主な出演・活動

  • モデルとしての活動
    • 大阪オートメッセイメージガール(2012年)
  • テレビ出演
    • 『有吉反省会』(2018年12月29日放送)
    • 『ドラゴンレイディ 3』(2013年7月3日放送)
  • ビジネス活動
    • 美肌研究家としてのイベントやセミナー
    • スキンケアブランドmeethの代表取締役

ちすん

引用元 映画.com

ちすんさんは、1982年11月3日生まれの日本の女優で、多岐にわたる彼女のキャリアは多くのファンに愛されています。

彼女は在日コリアン三世として生まれ、本名をキム・ヂスンといいます。

特技としてクラシックバレエと韓国舞踊を持ち、高校時代には韓国舞踊の大会で日本一のタイトルも獲得しています。

彼女の私生活では、2018年7月に一般男性と結婚し、その後も女優としての活動を続けています。

出身校

  • 大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)

彼女の芸能界での道のり

  1. 舞台経験:クラシックバレエの公演をきっかけに吉本興業からスカウトされ、劇団「よしもとザ・ブロードキャストショウ」に加入。そこで彼女は多くの舞台経験を積んできました。
  2. テレビデビュー:2003年に『超星神グランセイザー』でテレビデビューを果たし、その後も多くのドラマや映画に出演。
  3. 注目の役:2014年のNHK連続テレビ小説『マッサン』での役どころが話題となり、彼女の実力を多くの人々に知らしめました。

主な出演・活動

  • テレビドラマ
    • 『超星神グランセイザー』
    • NHK連続テレビ小説『マッサン』
    • 『風のハルカ』
  • 映画
    • 『パッチギ!』
    • 『Guest House』
  • 舞台
    • 劇団阿佐ヶ谷スパイダースの公演

裵ジョンミョン(ペ ジョンミョン):多彩な役柄で魅せる俳優の軌跡

引用元 X 映画『たまゆら』 (@tamayuramovie)

裵ジョンミョンさんは、1985年1月18日生まれの日本の俳優として、日本国内で活動しています。

彼はその演技力で多くの視聴者を引き込むことができる実力派俳優です。

彼の芸能界でのスタートは、2004年6月の『ビー・バップ・ハイスクール』でのエキストラ出演でした。

その後、彼のキャリアは急上昇し、多くの作品で主要な役を演じるようになりました。

裵ジョンミョンさんは、岡山県出身で、かつては鈍牛倶楽部に所属していたこともあります。

彼の出演作品によっては、異なるクレジット表記がされることもあるようですが、その実力は一貫して高く、これからも多くの作品でその才能を発揮していくことでしょう。

学歴・出身

  • 広島朝鮮初中高級学校(広島県広島市東区)
  • 日本映画学校俳優科卒業

主な出演作品

  1. テレビドラマ
  • 『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』:タシスン役
  • 『ふれなばおちん』:シゲ役
  1. 映画
  • 園子温監督作品に多数出演。特に『冷たい熱帯魚』、『ヒミズ』、『地獄でなぜ悪い』などの作品での演技が高く評価されています。

崔洋一(さい よういち):多才な映画監督の輝かしいキャリア

引用元 映画.com

崔洋一さんは、1949年7月6日生まれの映画監督として、日本映画界でその名を轟かせています。

彼の多彩なキャリアは、映画だけでなく、教育界や映画関連の組織での活動にも及んでいます。

彼は在日コリアン二世として生まれ、韓国名はチェ・ヤンイルといいます。映画界への第一歩は、照明助手としての仕事から始まりました。

その後、彼は小道具、演出部、チーフ助監督としての経験を積み、1981年にテレビ映画『プロハンター』で監督デビューを果たしました。

崔洋一さんは、監督としてだけでなく、俳優としても活動しており、特に『月はどっちに出ている』での自身の出演や、『御法度』での近藤勇役など、多くの作品でその才能を発揮してきました。

令和4年11月に亡くなられました。

学歴・出身

  • 東京朝鮮中高級学校(東京都北区十条台)
  • 東京綜合写真専門学校(中退)

主な業績と受賞歴

  1. 映画
  • 『十階のモスキート』:ヴェネツィア国際映画祭出品、毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞受賞
  • 『月はどっちに出ている』:報知映画賞、ブルーリボン賞、毎日映画コンクール受賞、第17回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀脚本賞ノミネート
  • 『血と骨』:第28回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀脚本賞受賞
  1. その他の活動
  • 日本映画監督協会理事長
  • 宝塚大学教授
  • 民間放送教育協会理事

李相日(リ・サンイル):映画界での輝きを放つ監督

引用元 シネマトゥデイ

1974年1月6日生まれの李相日さんは、新潟県出身の在日朝鮮人三世として、日本の映画界でその名を轟かせています。

彼の映画人としてのキャリアは、学生時代の作品から始まり、多くの賞を受賞するまでに至りました。

彼の映画界への道は、学生時代の作品『青〜chong〜』がぴあフィルムフェスティバルで4部門を独占するという史上初の快挙で注目を浴びました。

彼の作品は、日本国内だけでなく、海外の映画祭でも高く評価されています。

特に『怒り』は、モントリオール世界映画祭や釜山国際映画祭での上映が話題となりました。

これからも李相日監督の作品は、多くの人々に感動と驚きをもたらすことでしょう。

学歴・出身

  • 横浜朝鮮初級学校、神奈川朝鮮中高級学校(神奈川県横浜市神奈川区)
  • 私立神奈川大学経済学部
  • 日本映画学校

主な業績と受賞歴

  1. 映画
  • 『BORDER LINE』:劇場デビュー作品
  • 『フラガール』:第30回日本アカデミー賞 最優秀作品賞・監督賞・脚本賞、第31回報知映画賞 作品賞など多数受賞
  • 『悪人』、『怒り』:国内外での高評価と受賞
  1. その他の活動
  • 2002 FIFA World Cup Korea/Japanのドキュメンタリー映画撮影担当
  • 第12回PFFスカラシップ作品『BORDER LINE』で新藤兼人賞金賞受賞

朴一圭(ぱく いるぎゅ):サガン鳥栖の守護神

引用元 jリーグ

1989年12月22日生まれの朴一圭さんは、サガン鳥栖に所属するゴールキーパーとして、その実力を証明しています。

彼のサッカーキャリアは、学生時代から始まり、Jリーグでの活躍を経て、多くのファンに愛される選手となりました。

学歴・出身

  • 埼玉朝鮮初中級学校・幼稚部(埼玉県さいたま市大宮区)
  • 東京朝鮮中高級学校(東京都北区十条台)
  • 朝鮮大学校(東京都小平市)

彼のキャリアの中でのハイライト:

  1. 国籍取得:2022年に日本国籍を取得し、日本代表入りを目指す意向を示しています。
  2. 背番号変更:2023年シーズンから背番号を「71」に変更。これはサガン鳥栖の永久欠番「17」を逆さにしたものです。
  3. プロキャリア
  • 藤枝MYFC、FC琉球、横浜F・マリノスでのプレー
  • 2021年にサガン鳥栖への移籍
  • J1優勝と優秀選手賞の受賞

その他の情報

  • 東京朝鮮中高級学校はサッカーの強豪校として知られ、金東秀や姜成浩などの著名な選手や指導者を輩出しています。
  • ファンからは「パギ」という愛称で親しまれています。

李忠成(り ただなり):元日本代表フォワード

 引用元 アルビレックス新潟

1985年12月19日生まれの李 忠成さんは、東京都西東京市出身のプロサッカー選手として、その実力を証明しています。

彼のサッカーキャリアは、学生時代から始まり、国内外のクラブでの活躍を経て、多くのファンに愛される選手となりました。

2023年9月14日に現役を引退することが発表されました。

学歴・出身

  • 東京朝鮮第九初級学校
  • 東京都立田無高等学校
  • FC東京ユース

彼のキャリアの中でのハイライト:

  1. FC東京:2004年にトップチームへ昇格。
  2. 柏レイソル:2005年に移籍し、U-22日本代表へ選出。
  3. 北京オリンピック:出場を果たす。
  4. サンフレッチェ広島:AFCアジアカップ2011で決勝ゴールを決める活躍。
  5. アルビレックス新潟シンガポール:2021年に移籍し、10得点を記録。
  6. 引退:2023年に現役を引退することを発表。

その他の情報

  • 彼のプレースタイルは、前線からのプレッシングや機敏な動きが特徴。
  • 左利きのストライカーとして、ウイングでも活躍。
  • 闘争心溢れるプレーで、相手チームを圧倒。

鄭大世(チョン・テセ):元北朝鮮代表フォワード

引用元 町田ゼルビア

1984年3月2日生まれの鄭 大世さんは、名古屋市出身のサッカー選手として、国内外でその才能を発揮しました。

在日韓国人3世。大韓民国(韓国)籍を持っており、北朝鮮代表としてもプレーしていました。

彼のサッカーキャリアは、学生時代から始まり、多くのクラブでの活躍を経て、現在は、リポーターやサッカー中継の解説者として活躍しています。

学歴・出身

  • 愛知朝鮮第二初級学校
  • 朝鮮大学校体育学部

彼のキャリアの中でのハイライト:

  1. 川崎フロンターレ:2006年に入団し、2007年には12ゴールを挙げる活躍。
  2. 北朝鮮代表:2007年に選出され、東アジアサッカー選手権予選大会で得点王に。
  3. 南アフリカワールドカップ:2010年に出場。
  4. ヨーロッパ挑戦:Vflボーフムへの移籍を果たす。
  5. 日本復帰:2015年に清水エスパルスへ移籍。
  6. FC町田ゼルビア:2021年から2シーズン連続で30試合以上に出場。
  7. 引退:2022年に現役を引退することを発表。

朝鮮学校出身者の彼氏、結婚観、就職について

朝鮮学校出身の彼氏:周りの反応は

朝鮮学校の卒業生たちは、日本語を流暢に話すことができるので、日常のコミュニケーションには何の問題もありません。

しかし、日本と朝鮮の歴史や政治に関する話題は避けられることが多いようです。

それにも関わらず、彼らとの関係において、日本人男性との間に顕著な違いは感じられないというのが一般的な意見です。

交際する上での周囲の反応について、朝鮮学校出身の彼氏を持つことに対して、どのような反応が返ってくるのか気になる方も少なくないでしょう。

過去には、朝鮮学校出身者に対する偏見や差別が一部に存在していたようですが、時代と共にそのような考えを持つ人々は減少してきたと感じられます。

結論として、人々の考えや価値観は変わりつつあり、愛する人との関係を築く上で、出身校や背景よりも、お互いの理解と信頼が最も大切であることが伝わってきます。

朝鮮学校出身者との結婚

朝鮮学校出身者との結婚は、異文化の理解と尊重が求められる経験です。

彼らは家族やコミュニティとの絆を大切にし、その価値観を結婚生活にも反映させることが多いです。

例えば、結婚式では朝鮮の伝統や文化が色濃く取り入れられることが一般的です。

しかし、このような違いを乗り越えることで、異文化交流の豊かな経験を得ることができます。

現代の日本では、朝鮮学校出身者への偏見は少なくなってきており、多くの日本人と朝鮮学校出身者が結婚を果たしています。

しかし、一部の人々は、家族や親族からの反対を経験することも。

特に、ネット上のQ&Aサイトでは、このような悩みを持つ人々の声が見受けられます。

しかし、多くの回答者は「2人が幸せならば、結婚すべき」との意見を持っています。

朝鮮学校出身者自身も、日本人との結婚に前向きな姿勢を持っていることが多いです。

彼らの中には、日本人のパートナーと家族を築いている者も少なくありません。

このような背景を持つカップルは、お互いの文化や価値観を尊重し合いながら、共に成長していくことが求められます。

最終的に、朝鮮学校出身者との結婚は、異なる背景や文化を持つ2人が、互いの違いを理解し合い、共に歩む価値ある経験となるでしょう。

朝鮮学校出身の就職

朝鮮学校出身者は、日本の社会での進学や就職において特有の課題を持っています。

正式な認可を受けていない朝鮮学校の背景から、彼らは時として不利な立場に置かれることがあるのです。

しかし、彼らはその困難を乗り越え、多岐にわたる分野でその能力を発揮しています。芸能やスポーツの世界での成功例は、その明確な証拠と言えるでしょう。

朝鮮学校出身者は、日本語と朝鮮語の両方を流暢に話すバイリンガルとして、国際的なビジネスの場面でもその才能を発揮します。

朝鮮大学校の公式ホームページによれば、多くの卒業生が同胞企業や民族学校に就職していますが、近年では大学院への進学や、その言語能力を活かした企業への就職が増えているとのこと。

実際、日系企業の面接に朝鮮学校出身者が参加するケースも増えてきており、その事実はYahoo!知恵袋などのQ&Aサイトでの質問からも伺えます。

彼らは、日本での生活を通じて培った知識や経験を活かし、多様な職種での活躍を目指しています。

しかし、社会の一部には偏見や差別の目が向けられることも。そのため、就職活動の際に出身校を公表しない選択をする学生もいます。

このような現状を踏まえつつ、朝鮮学校出身者が持つ多様性や独自の視点は、現代の多文化共生社会において、非常に価値あるものと言えるでしょう。

彼らとの共生を通じて、より理解し合い、豊かな社会を築いていくことが期待されます。

朝鮮学校出身者の有名人、芸能人を12名紹介:まとめ

  • 朝鮮学校は日本国内に存在する学校である
  • 朝鮮学校の卒業生は多岐にわたる分野で活躍している
  • 有名人の中には朝鮮学校の出身者も多数存在する
  • 朝鮮学校出身者は文化や芸術の分野での成功例が多い
  • 一部の有名人は朝鮮学校出身であることを公然と語っている
  • 朝鮮学校の教育は独自のカリキュラムに基づいている
  • 朝鮮学校出身者は日本社会での偏見や困難にも立ち向かっている
  • 朝鮮学校の卒業生は自らのアイデンティティを大切にしている
  • 朝鮮学校出身の有名人は多様な背景や経験を持っている
  • 朝鮮学校の教育は出身者の人間形成に大きな影響を与えている
  • 朝鮮学校出身者の成功はその努力や才能の結果である
  • 朝鮮学校出身者は日本社会においてもその価値を認められている

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次