ドラム缶の容量と重さ、サイズ: 一般的な200Lドラム缶〜小型缶まで表も使って詳細に解説

※本ページはプロモーションが含まれています

ドラム缶は、さまざまな産業や日常生活で使用される便利な容器ですが、一般的に利用されているドラム缶の容量が何リットルなのか?重さはどのくらいなのか?その寸法、直径、サイズ、材質について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

特に「ドラム缶 容量」というキーワードで情報を探している方々にとって、この記事は大変役立つ情報源となることでしょう。

本記事では、ドラム缶の基本的な知識から、具体的な容量やサイズ、さらには材質についても詳しく解説しています。

ドラム缶を購入する際の参考や、単純に知識として学びたい方々に、わかりやすく解説していますので、確認してみてくださいね。

記事のポイント

  • 一般的なドラム缶の容量は200Lであり、その他のサイズや種類について
  • ドラム缶の主な材質やクローズドタイプとオープンタイプの違い
  • ドラム缶の重さや板厚による違い
  • ドラム缶を適切に開ける方法や動かし方、起こし方
目次

一般的なドラム缶容量の基礎知識

一般的なドラム缶の容量は200L

一般敵にガソリンスタンドなどで見かけるドラム缶の容量は、200リットルとなっています。

ドラム缶の単位はリットルで、業界では18リットル以上200リットル未満のものは中小型缶とよび、200リットル以上をドラム缶と区別しています。

材質は、鋼製、ステンレス製、プラスチック製などがあり、仕様は、大きく分けて、2種類です。


液体の石油製品等に用いられるクローズドタイプと、主に粉体用に使用され、上蓋を取り外すことができるオープンタイプとがあります。

左がクローズドドラム缶で右がオープンドラム缶

参照元 JFEコンテナー

ドラム缶の重さ

一般的なドラム缶200Lの重さについて解説します。

200Lドラム缶の板厚には、H級(1.6mm)、M級(1.2mm)、LM級(天地1.2mm、胴1.0mm)などのタイプがあります。

多く利用されているのは、M級、LM級の2品種になります。

ドラム缶200Lの重さは、板厚によって異なり、H級が約27kg、M級が約20kg、LM級が約17.5kgです。

ドラム缶寸法、直径、サイズ 表

ドラム缶の寸法は、主にその直径と高さによって決まります。

一般的なドラム缶200Lの直径は約58cm、高さは約89cmが平均です。

その他のドラム缶でよく利用されるのは、20L、60L、100Lのものがあります。

ドラム缶のサイズ表は、その容量や寸法、重量などの詳細情報を一覧で確認することができる表です。

この表を参照することで、必要なドラム缶のサイズや種類を選ぶ際の参考とすることができます。

クローズドドラム缶とオープンドラム缶では、サイズが異なりますので、それぞれのサイズ表を載せておきます。

クローズドドラム缶の寸法、直径、高さ、サイズ表

サイズ 内径 全高 内高 標準板厚 UN対応
寸法 許容差 寸法 許容差 寸法 許容差
200L 567 ±3 895 ±5 845 ±5 1.5 液体
100L 450 ±3 710 ±5 660 ±5 1.2 液体
60L 395 ±3 580 ±5 530 ±5 1.2 液体
20L 288 ±3 375 ±5 335 ±5 0.7 液体

データ参照元 西部容器株式会社

オープンドラム缶の寸法、直径、高さ、サイズ表

サイズ 内径 全高 バンド外径 標準板厚 UN対応
寸法 許容差 寸法 許容差 寸法 許容差
200L 567 ±3 895 ±5 615 ±10 1.5 液体・固体
100L 450 ±3 710 ±5 480 ±10 1.2
60L 395 ±3 580 ±5 430 ±10 1.2
20L 288 ±3 353 ±5 306 ±10 0.6

データ参照元 西部容器株式会社

ドラム缶の値段

ドラム缶販売

200リットルのドラム缶の価格は、その材質や製造メーカー、蓋のタイプによって異なります。

一般的には、5,000円から20,000円の範囲で取り扱われています。

素材がステンレスであったりすると50000円以上するドラム缶もあったりしますので、用途によってピンキリです。

ドラム缶の購入先はホームセンター、ネット通販で

ドラム缶の購入先として、ホームセンターが一般的に思い浮かべられるかもしれませんが、実際には専門の容器メーカーや工業用品の取り扱い店、インターネットの通販サイトなど、さまざまな場所で購入することができます。

用途や予算に応じて、最適な購入先を選ぶことが重要です。

ホームセンターで購入

ホームセンターでのドラム缶購入の最大のメリットは、手軽さです。

一般的な200Lや100Lのドラム缶は、多くのホームセンターで取り扱われています。

主要なホームセンターとしては、

  • ホームセンターコーナン
  • ダイキ
  • カインズ
  • コメリ
  • ケーヨーデイツー

などが挙げられます。

これらのホームセンターでは、標準的なドラム缶から、特定の用途に適したものまで幅広く取り扱っています。

しかし、特殊な仕様や特定の材質を求める場合、ホームセンターの品揃えだけでは対応が難しいことも。

その際は、専門店や通販サイトの利用を検討すると良いでしょう。

他にもホームセンターの利用方法として、ドラム缶の購入前確認があります。

ネットで買う場合どうしても商品を触ることができませんので、購入した後に後悔した経験がある人は多と思います。

ドラム缶の購入でも、事前にホームセンターで確認しておけば失敗することはありません。

ちょっと高めのドラム缶の購入を考えている場合は、ホームセンターで事前に購入予定のドラム缶を確認しましょう。

ネット通販での購入

近年、ネット通販の利用が増加しており、ドラム缶の購入も例外ではありません。

通販サイトでは、多様なメーカーやサイズ、さらには特定の材質や耐圧性能を持つドラム缶まで、幅広く取り扱われています。

特に、特定の要求がある場合、通販サイトは最適な選択肢となります。

主要なドラム缶の購入サイトとしては、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどが挙げられます。

これらのサイトでは、ユーザーレビューやQ&A機能を活用することで、商品の詳細や実際の使用感を事前に確認することができます。

特に、オープンドラム缶のような特定のタイプのドラム缶は、実店舗では取り扱いが少ないため、通販サイトでの購入がおすすめです。

価格に関しても、通販サイトは非常に幅広い範囲での取り扱いがあります。

ドラム缶の場合、デザインや材質によって価格が変動しますが、6,000円から50,000円までの商品が存在します。

また、一部の商品には送料無料のオプションも付いており、大型のドラム缶でも手軽に購入することが可能です。

ドラム缶は中古でも買える

amazon

中古のドラム缶は、新品に比べて価格が手頃であるため、予算を抑えたい場合に適しています。

ヤフーオークション、ジモティ、モノタロウなどに中古のドラム缶が出品されています。

使用感や小傷があるものの、機能的には問題ないドラム缶が多いです。

他には、ドラム缶の再生利用を行っている会社や、買取業者などが安くドラム缶を販売していますので、そういったサイトを見て比較検討するのもいいかもしれません。

ただし、中古品を購入する際は、商品の状態や清潔さをしっかりと確認することが必要です。

ドラム缶の運搬方法:開け方、起こし方、動かし方

引用元 グリーンエコ株式会社

ここでは、ドラム缶の取り扱いについて解説していきます。

ドラム缶はもちろん工業用に利用されることが多いですが、最近ではキャンプやお風呂、DIYなどいろいろな場面で利用される機会が増えてきています。

ドラム缶の開け方や、動かし方、起こし方など知っておくと便利になるようなドラム缶の扱い方がありますので、確認してみてください。

ドラム缶の正しい開け方

ドラム缶を開ける際には、適切な手順と工具の使用が不可欠です。

特に、ドラム缶の蓋はネジ止めされており、2本の鉄棒を使用して開ける必要があります。

オープンタイプの場合、クランプやバンドを外して蓋を取り外すのが一般的ですが、クローズドタイプの場合は、専用の開封ツールや、利用可能な鉄棒を使用して、蓋にある穴に差し込み反時計回りに回して開ける方法が推奨されます。

この手順を守ることで、内容物の漏れや汚染を最小限に抑えることができます。

ドラム缶開け方の基本手順

  1. ドラム缶を安定した場所にしっかりと設置します。
  2. 開封に必要な工具や鉄棒を用意します。
  3. オープンタイプの場合、クランプやバンドを外し、蓋を取り外します。
  4. クローズドタイプの場合、蓋にある穴に鉄棒を差し込み、反時計回りに回して開けます。
  5. 開けた後、蓋や工具を安全な場所に保管し、再利用や廃棄を適切に行います。

ドラム缶の開け方の動画

ドラム缶の開け方には、実際の動作を見ることで理解が深まることが多いです。

YouTubeなどの動画プラットフォームで「ドラム缶の開け方」を検索すると、多くの実践的な動画がヒットします。

特に初めての方や不安を感じる方は、動画を参考にして手順を確認することをおすすめします。

短くてわかりやすかった動画のリンクを貼っていますので、気になる方は、確認してみてください。

ドラム缶の起こし方と動かし方

ドラム缶の取り扱いは、その独特の重量とサイズの特性を理解し、適切な方法で行うことが不可欠です。

特に、ドラム缶を起こす際には、2人以上での作業が推奨されます。一方がハンドルを持ち、もう一方が底部を持ち上げることで、均等に力を分散させることができます。

この均等な力の分散は、ドラム缶の安定性を保ちながら、転倒や内容物のこぼれのリスクを最小限に抑えるために重要です。

また、ドラム缶を移動させる際には、ドラム缶専用の台車やリフターの使用が効果的です。

これらの専用道具は、ドラム缶の重量を適切にサポートし、スムーズかつ安全に移動させることを可能にします。

特に、障害物の多い場所や狭いスペースでの作業時には、これらの道具が大変役立ちます。

さらに、移動する前には、作業経路に障害物がないかを確認し、安全なルートを確保することが大切です。

作業場所に滑り止めのマットを敷くことで、ドラム缶の滑りや動きを最小限に抑えることができます。

そして、作業時には、安全シューズやヘルメット、作業用手袋などの安全装備を着用することで、事故のリスクを低減できます。

これらのテクニック意識すれば、ドラム缶を上手に起こしたり動かしたりすることができるはずです。

ドラム缶を台車で運ぶ際の注意点

アマゾン

ドラム缶移動させるのに、台車を利用するのが一番安全です。

まず、ドラム缶のサイズや重量に応じて適切な台車を選択することが基本となります。

耐荷重を確認し、ドラム缶の重量をしっかりとサポートできる台車を使用することが求められます。

台車にドラム缶を乗せた後の固定も重要で、移動中の転倒やズレを防ぐために、固定用のベルトやクランプの使用が推奨されます。

移動する前の経路確認も大切です。経路上に障害物がないか、坂道や段差がある場所に注意を払いながら、安全なルートを確保することが大切です。

台車の操作時には、急な動きを避けるよう心掛け、ゆっくりと均等な力で動かすことで、ドラム缶の安定性を保つことができます。

作業中の安全装備の着用も忘れてはなりません。

安全シューズやヘルメット、作業用手袋などを着用することで、事故のリスクを低減することができます。

特に、複数の人が作業を行う場面では、連携を取りながら作業を進めることが重要です。

そして、台車自体のメンテナンスも必要です。

定期的にタイヤやベアリング、固定部分の点検を行い、長期間安全に使用するためのメンテナンスを怠らないようにしましょう。

これらのポイントを意識することで、ドラム缶を台車で安全かつ効率的に運ぶことができます。

ドラム缶運搬の際の安全対策

ドラム缶を運搬する際には、事故や怪我を防ぐための安全対策が不可欠です。

以下は、ドラム缶運搬時の主な安全対策を挙げます。

  1. 適切な装備の使用:作業用手袋や安全シューズ、ヘルメットなどの保護具を着用することで、手や足の怪我を予防します。
  2. ドラム缶の確認:運搬前にドラム缶の蓋がしっかりと閉まっているか、また内容物が漏れていないかを確認します。
  3. 適切な道具の使用:ドラム缶台車やフォークリフトなど、適切な道具を使用して運搬します。人力だけでの運搬は避けるようにしましょう。
  4. 移動ルートの確認:運搬ルートに障害物がないかを事前に確認し、安全なルートを選びます。
  5. 二人以上での作業:特に重いドラム缶を運搬する際には、二人以上での作業を心がけ、一人が支えながらもう一人が持ち上げるなどの連携を取ります。
  6. 定期的な休憩:長時間の作業や重たいドラム缶の運搬を行う場合、定期的に休憩を取ることで、体力の消耗を防ぎます。

ドラム缶を運ぶ際は、これらの安全対策を実施しましょう。

一般的なドラム缶容量の基礎知識:まとめ

ドラム缶は、さまざまな液体や粉末の保存・輸送に使用される便利な容器です。

その取り扱いや選び方、運搬方法などを知ることで、より安全かつ効率的に使用することができます。

本記事を参考に、ドラム缶の容量正しい知識と使用方法を身につけてください。

  • 一般的なドラム缶の容量は200Lである
  • 18リットル以上200リットル未満のものは中小型缶と呼ばれ、200リットル以上をドラム缶と区別する
  • ドラム缶の材質には鋼製、ステンレス製、プラスチック製がある
  • ドラム缶には液体の石油製品等に用いられるクローズドタイプと、粉体用のオープンタイプが存在する
  • 一般的なドラム缶200Lの重さは、板厚で異なり、H級が約27kg、M級が約20kg、LM級が約17.5kgである
  • ドラム缶の寸法は、主にその直径と高さによって決まる
  • 一般的なドラム缶200Lの直径は約58cm、高さは約89cmである
  • クローズドドラム缶とオープンドラム缶では、サイズが異なる
  • ドラム缶を開ける際には、適切な手順と工具の使用が不可欠である
  • オープンタイプの場合、クランプやバンドを外して蓋を取り外すのが一般的である
  • クローズドタイプの場合は、専用の開封ツールや鉄棒を使用して開ける方法が推奨される

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次